ディズニー最新作『ピートと秘密の友達』ちょっと困った共演者とは? メイキング映像公開

ディズニーが贈る、迷子の少年と彼の“秘密の友達”の友情を描いたファンタジー・アドベンチャー『ピートと秘密の友達』。このほど、本作から撮影現場での出演者

映画 洋画ニュース
『ピートと秘密の友達』 (C)2016 Disney
  • 『ピートと秘密の友達』 (C)2016 Disney
  • 『ピートと秘密の友達』 (C)2016 Disney
  • 『ピートと秘密の友達』 (C)2016 Disney
  • 『ピートと秘密の友達』 (C)2016 Disney
  • 『ピートと秘密の友達』 (C)2016 Disney
  • 『ピートと秘密の友達』ポスタービジュアル (C)2016 Disney
ディズニーが贈る、迷子の少年と彼の“秘密の友達”の友情を描いたファンタジー・アドベンチャー『ピートと秘密の友達』。このほど、本作から撮影現場での出演者やスタッフの様子を収めたメイキング映像が解禁。現場では、 “ちょっと困った共演者”の存在によってプチパニックが続発していたことが分かった。

6年間、人と関わることなく深い森で暮らしてきたピート(オークス・フェグリー)。実は彼はひとりぼっちではなく、誰にも言えない秘密の友達“エリオット”がいた。ピートにとってエリオットは家族同然の存在。時には兄弟のように寄り添い、時にはエリオットがペットのようにピートに甘えてくる。そんな、森の中での2人きりの生活は、毎日がわくわくする冒険の連続。この夢のような日々はずっと続くと思っていたが、グレースとの出会いがきっかけで、エリオットの存在が人間たちに知られてしまうことに…。

幻のディズニー・ファンタジーを最新の映像テクノロジーで現代に甦らせた本作。今回届いた映像では、グレース役のブライス・ダラス・ハワードらが共演者(?)“エリオット”との撮影の苦労を語っている。

どうやらエリオットのもふもふの被毛に悪戦苦闘するキャストやスタッフ陣たちが続出している様子。ヘアメイク担当もその大量の被毛に戸惑い、チェーンソーを持ち出す始末。さらには、食事を取るブライスの口にも毛が入ってしまうなど、人気女優も困り顔。また、エリオットの巨体が動くたび騒音が起こり、トレーナーの言うことも聞かず現場は荒れ放題。姿を消すことのできる上、その吐く炎でちょっとしたパニックも…。

実は今回の映像、“エリオットがもし実在したら!?”という設定のもとで作られた、ディズニーらしい遊び心と夢にあふれた特別映像。エリオットが本当にその場にいるかのような、スタッフやキャストたちのリアルな演技には注目だ。



本作の視覚効果を担当したのは、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー賞視覚効果賞にも輝いたWETAデジタル。その“魔法の力”で、現代にふさわしいおとぎ話を作り上げることに成功した。これまでも数多くの名作を誕生させてきたディズニーが、“友情と絆”の原点に立ち返ったファンタジーとなる本作。純真無垢な少年ピートと不思議な友達エリオットの絆と、彼らを取り囲む人々との心温まる愛を、スクリーンで目撃してみて。

『ピートと秘密の友達』は12月23日(金・祝)は全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top