“愛人”橋本マナミに学ぶ、男性を落とす秘訣はヒザ! 『破門』場面写真到着

佐々木蔵之介と横山裕がバディを組むことで話題の『破門 ふたりのヤクビョーガミ』。この度、初の愛人役として出演する、橋本マナミの何気ない“男性悩殺術”を捉えた新場面写真が到着した。

映画
『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(C)2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
  • 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(C)2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
  • 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(C)2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
  • 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(C)2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
  • 『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(C)2017「破門 ふたりのヤクビョーガミ」製作委員会
佐々木蔵之介と横山裕がバディを組むことで話題の『破門 ふたりのヤクビョーガミ』。この度、初の愛人役として出演する、橋本マナミの何気ない“男性悩殺術”を捉えた新場面写真が到着した。

舞台は大阪。弁は立つがぐーたらビンボーな建設コンサルタントの二宮啓之(横山裕)は、サバキと呼ばれる建設現場での暴力団対策の仕事を主な収入としていた。この仕事を通じて二蝶会のイケイケやくざの桑原保彦(佐々木蔵之介)と知り合ったのが運のつき。以来、何かとトラブルに巻き込まれっぱなしの、いわば、桑原は二宮の「疫病神」である。縁を切りたいのに、いまやコンビとみまごう2人に、何かと二宮を手伝ってくれるいとこの悠紀(北川景子)からは、本当は桑原のことが好きなんじゃないの? と言われる始末。そんなある日、二宮は映画プロデューサーの小清水(橋爪功)が持ち込んだ映画企画を、桑原のいる二蝶会若頭の嶋田(國村隼)に紹介してしまい、二蝶会が出資をすることに。しかし小清水は金を持ったまま、愛人の玲美(橋本マナミ)とドロン。出資詐欺か!? 詐欺師・小清水を追いかけるため、桑原は二宮を巻き込んで奔走するが、見つかってはするりと逃げる小清水にふたりは翻弄され続ける。遂にキレた桑原のハチャメチャな追走劇は、弟分の木下(濱田崇裕)、セツオ(矢本悠馬)らも加わり、さらに大きなトラブルへと発展。追っている筈が何者かに追われてる!? この絶体絶命に、ふたりは生き残りをかけて大勝負に挑むが――。

黒川博行の直木賞受賞作「破門」を原作に、佐々木蔵之介、横山裕(関ジャニ∞)をW主演に迎え実写映画化する本作。イケイケやくざを佐々木さん、口だけは達者なぐーたらビンボーのカタギを横山さんが演じ、共演には北川景子、橋爪功、國村隼、濱田崇裕(ジャニーズWEST)、矢本悠馬、キムラ緑子、木下ほうか、中村ゆり、宇崎竜童ら個性的なキャストたちが集結。

今回到着したのは、意外にも本作が初の愛人役となる橋本さんの場面写真。橋本さん演じる玲美は、桑原と二宮が映画製作にまつわる儲け話にまんまと乗せられ、打ち合わせにやってきた映画プロデューサー・小清水の事務所でお手伝いをする、公称“血の繋がらない”娘。実際は小清水の愛人だ。

劇中では、小清水の軽妙で調子のいい語り口や、玲美の圧倒的な色気と振る舞いに、二宮はすっかり気をよくしてしまうのだが、観察力に長ける桑原は玲美が小清水の愛人だと一瞬にして気付く。今回の写真は、玲美が桑原にビールを振舞うシーンだが、絶妙にずらして重ねるヒザがなんとも言えない色気を醸し出している。そのほかの場面でも玲美は必ず膝上丈のスカートを履いており、ベタでありながら女性のセクシーアピールにおける基本中の基本をしっかり実践。

この打ち合わせで二宮をすっかり骨抜きにしてしまう玲美だが、その後、小清水は2人や各方面から預かった出資金を持ったまま姿をくらまし、彼女も小清水を掌で転がすなかなかの“悪女”だったのだ。そんな玲美の男性悩殺術にも注目しながら、本作を楽しむのも面白いかもしれない。

『破門 ふたりのヤクビョーガミ』は2017年1月28日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top