クリステン・スチュワート、その商品に触れてはならない…『パーソナル・ショッパー』特報

映画

『パーソナル・ショッパー』(C)2016 CG Cinema-VORTEX SUTRA-DETAILFILM-SIRENA FILM-ARTE France CINEMA-ARTE Deutschland / WDR
  • 『パーソナル・ショッパー』(C)2016 CG Cinema-VORTEX SUTRA-DETAILFILM-SIRENA FILM-ARTE France CINEMA-ARTE Deutschland / WDR
  • 『パーソナル・ショッパー』(C)2016 CG Cinema-VORTEX SUTRA-DETAILFILM-SIRENA FILM-ARTE France CINEMA-ARTE Deutschland / WDR
  • クリステン・スチュワート-(C)Getty Images
クリステン・スチュワートが主演を務め、フランスの鬼才オリヴィエ・アサイヤスが2016年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『パーソナル・ショッパー』。このほど、サスペンスフルな特報映像が解禁となった。

パリで、セレブのための代行買い物人“パーソナル・ショッパー”として働くヒロイン。鍵を預かり、他人の家に出入りし、時にはプライベートも覗くことになる。そんな彼女の “隠された欲望”が、不可解な出来事を引き寄せ、ある日、謎のメールが届く――。

日本ロケを行ったリドリー・スコット製作総指揮のSFサスペンス『ロスト・エモーション』、ウディ・アレン監督作『カフェ・ソサエティ』などの公開も控え、「シャネル(CHANEL)」のモデルとしても活躍するクリステンが、アサイヤス監督と『アクトレス~女たちの舞台~』に続く2度目のタッグを組んだ本作。先日解禁された、ファッショナブルでミステリアスな雰囲気のファーストビジュアルには早くも話題沸騰。カンヌ国際映画祭で称賛を受け、物議を醸しながら、監督賞に輝いた本作は、3月2日(木)より開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」への出品も決まっている。

このたび解禁となった特報映像では、クリステン演じる主人公のモウリーンが、“パーソナル・ショッパー”として「シャネル(CHANEL)」や「カルティエ(Cartier)」などの息を呑むほどの煌びやかな衣装やアクセサリーを、次々と購入していくシーンが映し出される。そんな中、彼女の携帯に届いた「別人になりたいんだろう?」という奇妙なメッセージ…。

決して触れてはいけないはずだった商品に身を包むモウリーンの身に、何が起きたのか? 緊張感あふれる音楽が、さらに刺激的でサスペンスフルな物語を予感させている。


『パーソナル・ショッパー』は5月、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top