【予告編】木村拓哉、福士蒼汰ら300人の敵と対峙!『無限の住人』主題歌はMIYAVI

木村拓哉の新境地を予感させるビジュアルや、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵ら豪華キャストの競演などで早くも話題の『無限の住人』。このほど、待望の本予告が解禁

映画
『無限の住人』主題歌を担当するMIYAVI (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』主題歌を担当するMIYAVI (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 杉咲花/『無限の住人』 (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
木村拓哉の新境地を予感させるビジュアルや、杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、市川海老蔵ら豪華キャストの競演などで早くも話題の『無限の住人』。このほど、待望の本予告が解禁となり、主題歌にハリウッドでも活躍する“侍”ギタリスト、MIYAVIの起用が明らかとなった。

累計発行部数750万部突破を誇り、世界22の国と地域でも刊行されている世界的人気コミックを、主演に木村さん、監督に三池崇史という、日本映画界が世界に誇る“最強タッグ”で挑む本作。その主題歌がMIYAVIさんによる「Live to Die Another Day - 存在証明 -」に決定し、同楽曲が収められた初公開のアクションシーンを含む本予告映像が完成。また、公式サイト内では、本ビジュアルも公開された。

このたび解禁された本予告は、両親を殺され復讐を誓う少女・凜(杉咲さん)が、不死身の男・万次(木村さん)に用心棒の依頼をする場面から始まる。「死ねるてめぇは幸せもんだよ」とつぶやく、“死にたくても死ねない”孤独と葛藤を抱える万次に襲いかかかるのは、剣客集団・“逸刀流”の天津影久(福士さん)、“無骸流”の尸良(市原さん)、天津に次ぐ実力を持つ女剣士・乙橘槇絵(戸田さん)、“逸刀流”最強の刺客・閑馬永空(海老蔵さん)と、まさに規格外の敵ばかり。強さのみを追い求める剣客集団・“逸刀流”らの迫力満載のアクションシーンは、今回が初公開となる。

木村さん演じる万次は、不死身ではあるが、斬られれば痛みを感じ、致命傷を負えば死ぬこともある。映像では、1人vs300人、見渡す限りすべて敵という壮絶な立ち回りのなか、万次は凜を守り抜こうとする。1人で永遠を生きていたはずの万次が、まさに命を懸けて凜を守り抜くと決めたとき、いったい、どんな結末が待っているのか…。



併せて今回初解禁された本ビジュアルでは、豪華キャスト演じる強敵たちの全身ビジュアルが完全公開。正面を見据える万次と凜の背後にずらりと並ぶ敵たち。いずれも原作キャラクターのビジュアルを再現しており、不死身の万次を追いつめる個性的な敵にも注目が集まる。

そして、万次の葛藤や強さを表現したというMIYAVIさんによる書き下ろし主題歌が、怒涛のごとく展開する物語をいっそうドラマチックに演出。「この作品の主題歌は、世界的に通用する日本人アーティストにしたい」という三池監督たっての希望により、かつて「SMAP」に楽曲提供をしており、ステージでの共演経験もあるMIYAVIさんに白羽の矢が立った。

エレキギターを、ピックを使わずにすべて指で弾くという独自の“スラップ奏法”で知られるMIYAVIさんは、過去に2度、「SMAP」に楽曲提供(「Top Of The World」「Otherside」)をしたほか、「SMAP」が第65回NHK紅白歌合戦に出場した際にギター演奏で参加するなど、木村さんとは親交がある。

邦画では初めての書き下ろし主題歌となる今回の楽曲について、MIYAVIさんは「1人孤独にずっと生きてきた万次が初めて凜に出逢い“生きたい”と思った。そして凜を守るために、また新たな葛藤をおぼえていく。その激しさと切なさを、この楽曲で表現できれば良いなと思いました」と、曲に込めた思いを力強く語る。

さらに、「万次の姿と木村さんを重ね合わせる人もたくさんいると思います」とMIYAVIさん。「今後、木村さんは、1人のシンガー、エンターテイナー、アーティスト、そして男として、ここからどう戦っていくのか。僕は1アーティスト、1パフォーマーとしての木村拓哉という人を知って惹かれたし、もっと観たいなと思ったんです。僕らアーティストはワクワクさせてなんぼだと思いますし、ここまで人をワクワクさせてくれる木村さんには、日本の顔として、凛として存在していて欲しい」とコメントを寄せる。

「『無限の住人』は、木村さんの人生の新たなる岐路、出発点なんだろうなと思います。そういう意味で、僕も音楽家としてこの作品に関わることができて本当にうれしく思っていますし、刀の代わりにギターで、ともに戦わせてもらったという感覚です」とエールを贈っている。

一方、木村さんは「楽曲を聴いて、彼にしか出せないリズムと、彼にしか浮かんでこないリフが聴こえてきたときに『お、きたきたきた!』と興奮しました。彼が生み出した歌詞に、『ああ、MIYAVIは映画をこういう風に捉えてくれたんだな』と思ったし、MIYAVIがアーティストとして『無限の住人』に真剣に向き合ってくれていることが100%感じられました」とコメント。

「余分な言葉はまったくなかったし、曲の構成的にも余分なものは一切ない。彼がここまで向き合ってくれて、理解してくれていることが非常に嬉しかったです」と応じ、「MIYAVIは限りなくオリジナルに近いところで、作品を発信し続けているし、勝負し続けている。だから、すごく憧れます。アーティスト、MIYAVIはやっぱりスゴい。だから一緒に仕事ができてとても光栄です」とも語っている。

『無限の住人』は4月29日(土・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top