『ロブスター』脚本家の最新作! 男たちのイカれた五輪を描く『ストロングマン』予告編到着

本年度アカデミー賞脚本賞ノミネート『ロブスター』の脚本家エフティミス・フィリップによる最新作『ストロングマン』。この度、本作の予告編が公開された…

映画
本年度アカデミー賞脚本賞ノミネート『ロブスター』の脚本家エフティミス・フィリップによる最新作『ストロングマン』。この度、本作の予告編が公開された。

ギリシャのエーゲ海でクルージングを楽しむ中年男性6人組。船がアテネに帰港するまでの間に誰がストロングマン(最高の男)かを決めるゲームをしようという話になる。そして勝者には指輪を贈ることに。「ズボンのベルトの位置」、「コレステロール値」から「料理の知識」まで一挙一動をお互いに評価し、点数を付けてあらゆる面で一番優れた男を決めるこのゲームに、最初は冗談半分で楽しんでいた6人。しかし、次第にムキになり男の意地とプライドを懸けた争いへと発展してしまう――。

話題作『ラ・ラ・ランド』と並び、脚本賞5本のうちの一本に選ばれた『ロブスター』。本作はその『ロブスター』のエフティミスが脚本を担当し、監督・共同脚本には、リチャード・リンクレイター監督『ビフォア・ミッドナイト』の共同プロデューサーであり、女優として出演もしているアティナ・ラヒル・ツァンガリが務める。彼女は、2004年開催アテネオリンピックの演出を担当するなど活動は多岐にわたり、いまギリシャで最も期待されている女性監督だ。物語は、中年男6人が船上で 奇妙なゲームを繰り広げ、誰の心にもある「他人よりも優れていたい」という自尊心を笑いと共に描き、エフティミス節を炸裂させている。

このほど到着した予告編では、ギリシャ・エーゲ海の船上で男たち6人がストロングマンを決めるゲームをしようと話すところから始まる。一挙一動を評価し合うこのゲームで、「イケてる腹筋」「カッコよく日光浴」などそれぞれに加点・減点ポイントが表示され、非常にどうでも良い内容で互いを採点し合う中年男たちが映し出されていく。果たして彼らは無事にストロングマンを決められるのだろうか? また、本映像ではエレクトロニック・ダンスミュージックのパイオニア的な存在パトリック・カウリーの「Pagan Rhythms」が効果的に使われており、この奇妙なゲームが繰り広げられる世界観を印象付けている。


ここ数年、各映画祭でその存在感を増してきているギリシャ映画。独創的な作品が次々に生まれる秘訣について監督は、「これらは常にギリシャ文学やギリシャ演劇に潜在していたことなのです。近年は自分たちで全てプロデュースすることにより、自由にコントロールできるスクリプトが生れたのです。とても古いギリシャの伝統に基づく脚本が。これらはたとえばギリシャの実験的な劇場では長い間観ることができたものです。ただ、映画館ではいままで観ることができなかったのです」とコメントを寄せている。

『ストロングマン』は3月25日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top