“ハの字眉”の日米代表!? トム・ハンクス&小日向文世が闘うお父さんを熱演

住み慣れた街や国を離れても、“チャンスに懸けて一念発起、家族のためにたたかうお父さん映画”が、今週末相次いで公開される。オスカー俳優トム・ハンクスは遠いサウジアラビアの砂漠へ向かい、名バイプレイヤーの小日向文世

映画
『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
  • 『サバイバルファミリー』(C)2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ
  • 『王様のためのホログラム』 (C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『王様のためのホログラム』(C)2016 HOLOGRAM FOR THE KING LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
住み慣れた街や国を離れても、チャンスに懸けて一念発起、“家族のためにたたかうお父さん映画”が、今週末相次いで公開される。オスカー俳優トム・ハンクスは遠いサウジアラビアの砂漠へ向かい、名バイプレイヤーの小日向文世は停電した東京を脱出…。奇しくも、そろって“ハの字眉”が印象的な、ちょっと情けなかったお父さんが新天地で大奮闘を見せ、“人生はきっとなんとかなるさ”という前向きなメッセージを贈る、人生応援映画2作品となっている。

●“ハの字眉”米国代表、トム・ハンクス『王様のためのホログラム』 2月10日(金)公開
ピューリッツァー賞候補になった作家デイヴ・エガーズの原作を、『クラウド アトラス』の鬼才トム・ティクヴァ監督とトムのタッグで映画化。仕事も家も家族も失ってしまった中年サラリーマン、アラン・クレイが人生の一発逆転をかけて地球の裏側、はるばるサウジアラビアの国王に最先端の映像装置“3Dホログラム”を売りに行く。ところが担当者はいつも不在。次から次へと襲いかかる異文化の嵐に戸惑いながらも、奮闘する姿が描かれていく。

すべてを失ったアランの第一の目的は、休学中の愛する娘キッドのために養育費を稼ぎ、大学へ復学させること。トムは、かつてのコメディ作品を彷彿とさせるコミカルな演技でふんだりけったりな困り顔のサラリーマンを熱演し、現代の中年サラリーマンの悩みと憂鬱を等身大に体現。彼が演じた主人公アランは、はるかかなたの異国の地で娘のために、そして自分の新しい人生のために、どのような道を切り開くのか、乞うご期待!

●“ハの字眉”日本代表、小日向文世『サバイバルファミリー』 2月11日(土)公開
『ウォーターボーイズ』『スウィング・ガールズ』などで知られるヒットメーカー、矢口史靖監督の最新作。鈴木家は一家4人、どこにでもいるごく普通の家族で何気ない日常を送っていた。ある日停電が起き、すぐ復旧すると思っていたはずの電気が元に戻らず、世の中は大混乱。途方に暮れていた鈴木家だったが、さえない父・義之が“停止した街”東京から脱出する! と一世一代の大決断を下す。

水と食料を求め、西を目指す鈴木一家。困難が次々と襲い掛かる中、さまざまな人と出会いや試練を経て少しずつたくましくなっていく義之。天然なお母さん・光恵役に深津絵里、無口な息子役に泉澤祐希、スマホがすべての娘役に葵わかなという鈴木家が、何が起きるかわからない超不自由世界で繰り広げる究極のサバイバルに注目だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top