中村明日美子原作『ダブルミンツ』、開始1日でクラウドファンディング目標達成!

淵上泰史と「BOYS AND MEN」田中俊介を迎え、サブカル界の巨匠・中村明日美子の同名マンガを実写化する映画『ダブルミンツ』。この度、日本全国公開拡大プロジェクトとしてクラウドファンディングを開始したところ、

映画
映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
  • 映画『ダブルミンツ』(C)2017「ダブルミンツ」製作委員会 (C)中村明日美子/茜新社
淵上泰史と「BOYS AND MEN」田中俊介を迎え、サブカル界の巨匠・中村明日美子の同名マンガを実写化する映画『ダブルミンツ』。この度、本作の日本全国公開拡大プロジェクトとしてクラウドファンディングを開始したところ、開始1日経たずに目標金額の250万円を達成したことが分かった。

システムエンジニアとして働く壱河光夫のもとに、ある日、一本の電話がかかってくる。「女を殺した。いまから来い」受話器の向こうから聞こえてきたのは、同じ名前をもつ高校時代の同級生・市川光央の声だった。学生時代から目立たずに生きてきた光夫と、そんな光夫を執拗にいじめ続けた光央。2人の間に蘇る、少年時代に結んだ主従関係。光夫は光央に命じられるまま、女の死体を始末しようとするが――。

原作は、昨年劇場アニメが上映され大きな話題となった「同級生」の原作者・中村氏のダークBL作「ダブルミンツ」。中村氏の原作作品で初の実写化に挑むのは、『グレイトフルデッド』『下衆の愛』で国内外の映画祭の話題をさらった内田英治。共依存という複雑な関係に陥る主人公を演じたのは、『花宵道中』『僕だけがいない街』などに出演し、本作で“初”主演を飾る淵上さん。そして、2016年日本レコード大賞新人賞を受賞した「BOYS AND MEN」のメンバーで、俳優としても『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』などに出演する田中さんだ。また高校時代の2人には、須賀健太と川籠石駿平ら若手実力派俳優が集結した。

そしてこの度、本作の全国主要都市へ上映拡大と、海外映画祭出品や海外配給実現のためのプロモーション費用の支援を目的として、“映画『ダブルミンツ』日本全国公開拡大プロジェクト”が、クラウドファンディングプラットフォームのMotionGalleryにて、2月8日20時より開始。目標金額250万円のところ、わずか1日で目標金額を達成! 現在でも、250万円以上の支援が寄せられている。本プロジェクトは、目標到達に関わらず、3月30日(木)23時59分まで支援を募るとのことなので、最終着地がどこまで伸びるか期待だ。

ちなみに、支援のリターンには、現場でのオフショット写真や秘蔵メイキング映像、楽屋招待などが用意されているという。

裏社会と同性愛というタブー視されている2つの世界を真っ向から捉え、重厚なサスペンスでありながらも、恋愛すら既存の形に当てはめてしまいがちな社会に一石を投じる本作。2人の男の苦しいほどの衝動が胸を打つ、異色の人間ドラマが、2017年初夏の日本に広く轟くことだろう。

『ダブルミンツ』は初夏よりシネ・リーブル池袋ほか全国にて公開予定。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top