デヴ・パテル、『LION/ライオン』の役作りを語る

インド系英俳優デヴ・パテルは新作『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の役作りのために豪版料理人対決番組「マスターシェフ」を何度も観たそうだ。

最新ニュース ゴシップ
デヴ・パテル-(C)Getty Images
  • デヴ・パテル-(C)Getty Images
  • デヴ・パテル
  • デヴ・パテル-(C)Getty Images
  • デヴ・パテル-(C)Getty Images
  • デヴ・パテル-(C)Getty Images
インド系英俳優デヴ・パテルは新作『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の役作りのために豪版料理人対決番組「マスターシェフ」を何度も観たそうだ。

5歳のときにインドで迷子になり、その後オーストラリアで育ったサルーを演じたデヴは、オーストラリアのアクセントを身につけるために、そのテレビ番組を参考にしたそうで、「自分のアクセントを変えるのに、まるまる8か月はかかったね」「オーストラリア版の『マスターシェフ』を8か月間かなり繰り返し観たね」と話した。

そして、やっとオーストラリアのアクセントを話さなくてよくなったとき、ほっとしたそうだ。「すべてが終わったらすぐに、アクセントが抜けたよ」「8か月のかなりの繰り返しだったから、さよならを言えてうれしかったね。きつかったね。かなり難しいアクセントだったから」とデヴは続ける。

先日行われた英国アカデミー賞では、デヴはサルー役で最優秀助演男優賞を見事受賞しており、そんな結果になったことに驚いたようだ。「信じられないね。本当に受賞するなんて思っていなかったから。みんなでいろんな賞に行ったけど、僕の家族がいる地元のこの賞がすべてを変えてくれたよ」。

新作映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の日本公開は4月7日(金)を予定している。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top