【インタビュー】生田斗真 女性として生きる――母性と出会う瞬間「愛おしくて苦しくて」

俳優・生田斗真の演技の幅広さに驚かされる。『彼らが本気で編むときは、』で彼が演じるのは、トランスジェンダーの女性リンコ。見た目はどこからどう見ても格好いい生田さんだが…

最新ニュース
『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
  • 『彼らが本気で編むときは、』(C)2017「彼らが本気で編むときは、」製作委員会
俳優・生田斗真の演技の幅広さに驚かされる。『彼らが本気で編むときは、』で彼が演じるのは、トランスジェンダーの女性リンコ。見た目はどこからどう見ても格好いい生田さんだが、女性らしい美しさとなるとハードルは上がる。荻上直子監督からは「リンコをきちんと女性として見せたい」と言われ、生田さんは外見も中身も美しいリンコとなり、この映画のなかで生きた。

「リンコ役の話をもらったときは、うわぁ大変な役がきたなって思いましたけど、同時にどうやって演じようか考えていて…だから僕のなかで“やらない”という選択肢はなかった。たじろぎはしたけれど迷いはなかった。それに大変だなぁと思う作品こそ火事場の馬鹿力が出るものなんですよね」。

役作りとしては“知る”ことから始まった。LGBTといっても人それぞれ。テレビで活躍するオネエ系の人たちもいれば、容姿や声はそのままの人もいる、性別適合手術をして全身変えている人もいる。そういった(何人かの)人たちに話を聞きながら生田さんがリンコを演じるために取り入れたのは、髪型や衣装のこだわりはもちろん、女性としての仕草や居方。声のトーンも「こんなに声を研究したのは初めてですね」というほど、悩んで、試して、あのリンコの声にたどり着いた。

「仕草や居方については日本的なことも参考にしました。舞踊とか歌舞伎の女形にヒントがたくさんあって、どこか古風な女性を目指したというか…。編み物をすることも大きかったです。ただ僕は本当に無器用だし編み物をやったことはなかったので、早い段階から先生に教えてもらったんです。最初、あまりにもできなくて愕然としましたね。手はつるし、できないから楽しくないし(苦笑)、毎日家で練習しました。荻上監督はワンカットで撮影することが多いというのを耳にしていたので、セリフを言いながら、演じながら、手元を見ずに自然と編める──そのくらいできるようにならなきゃいけないと思って。最終的にはとても速く編めるようになりました(笑)」。

リンコが編んでいるのはある形をしたもので、それを彼女は「アタシの煩悩」だと言う。悔しいことがあるたびに煩悩を編み、ある数に達したときに叶えたいことがあった。リンコはそんなふうに悔しさや怒りを編み物に込めているが、生田さんは?

「僕も日々のなかで溜息をつきたいときはありますよ。でも、プライベートで怒りを感じることはあまりないですね。あったとしても持ち越さない。お酒を飲んでやり過ごします(笑)」。
《text:Rie Shintani》

関連ニュース

特集

page top