【特別映像】グラミー受賞!ヨーヨー・マ率いる国境を越えたアンサンブル解禁

2014年、『バックコーラスの歌姫たち』で2014年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したモーガン・ネヴィル監督が、世界的チェロ奏者ヨーヨー・マに密着したドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』

映画 洋画ニュース
『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』 (C) 2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved
  • 『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』 (C) 2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved
  • 『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』 (C) 2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved
  • 『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』 (C) 2015, Silk Road Project Inc., All Rights Reserved
2014年、『バックコーラスの歌姫たち』でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したモーガン・ネヴィル監督が、世界的チェロ奏者ヨーヨー・マに密着したドキュメンタリー映画『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』。このほど、先日の本年度グラミー賞にて「最優秀ワールド・ミュージック・アルバム部門」を受賞したヨーヨー・マをはじめとするミュージシャンたちが、あらゆる分断を超えて演奏するシーンがシネマカフェにて解禁となった。

世界的チェロ奏者であるヨーヨー・マが、2000年に「音の文化遺産」を世界に発信するために立ち上げた“シルクロード・アンサンブル”。本作は、ヨーヨー・マが音楽で世界を変えようと努めてきた20年に渡る道のりと、交易路で文化を育み続けた伝統楽器とチェロの美しい音色が国境やあらゆる分断を越えた究極のハーモニーを奏でていく。

楽器の演奏者だけでなくボーカリストや編曲家、ビジュアルアーティストなど個性豊かなメンバーを有した、総勢50名以上の国際的音楽家集団となる同アンサンブル。シルクロードにゆかりを持つ国々から招集され、異なる文化的・政治的・歴史的バックグラウンドを抱える彼ら。

実際、本格的な結成から間もなくの2001年、米同時多発テロ事件によりアンサンブルは存続の危機に立たされたこともあった。しかし、「文化は一過性のものではなく、物事を生かし続け発展させるもの」というヨーヨー・マの強い意志は困難を乗り越え、彼らの最新アルバムは本年度グラミー賞にて「最優秀ワールドミュージック・アルバム賞」を受賞するなど、音楽の力を実証し続けている。

そして今回、ヨーヨー・マをはじめイラン出身のケイハン・カルホール、ガリシア地方のバグパイプ奏者クリスティーナ・パト、中国琵琶奏者ウー・マンなど個性豊かなアンサンブルのメンバーが集結した珠玉の演奏シーンが到着! 文化の壁や偏見などを乗り越え、西洋楽器のチェロやヴァイオリンに、イランや中国の民族楽器、無数の音とリズムが交響しあい、新たな音楽を創造していく。

アンサンブルの活動に新たな風をもたらしたクリスティーナ・パトの力強く官能的なバグパイプパフォーマンスが心を揺さぶり、メンバーが共に旅してきたシルクロードの旅路の風景、楽しげなバックステージの様子も垣間見え、従来のオーケストラのイメージを見事に覆す映像となっている。


互いの音楽の伝統を尊重し、それぞれに耳を傾けながら“相互理解”というハーモニーを築いていく彼らの、生き生きとした演奏に耳を傾けてみて。

『ヨーヨー・マと旅するシルクロード』は3月4日(土)よりBunkamura ル・シネマ、シネスイッチ銀座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top