エマ・ワトソン、ファンとの自撮り写真を禁止に

エマ・ワトソンがファンとの自撮り写真をこれ以上撮らないことにしたようだ。

最新ニュース ゴシップ
エマ・ワトソン-(C)Getty Images
  • エマ・ワトソン-(C)Getty Images
  • エマ・ワトソン
  • エマ・ワトソン-(C)Getty Images
  • エマ・ワトソン-(C)Getty Images
エマ・ワトソンがファンとの自撮り写真をこれ以上撮らないことにしたようだ。

『ハリー・ポッター』シリーズでおなじみのエマと写真を撮ることができなくなるのはファンにとって残念なことだが、エマは撮った写真がすぐにオンライン上に投稿されることですぐに居場所がばれてしまうことに恐れを感じているのだという。

「私にとってこれは、自分の生活を送れるか送れないかのはざまなの。もし誰かが私の写真を撮って、オンライン上に投稿するじゃない。すると2秒以内に私が実際にいる10メートル以内の位置情報が伝えられてしまうのよ。だからみんなが私がどんな洋服を着ているのかとか、誰といるのかとかすぐに分かるわけよ」「そういう追跡データはとにかくあげられないの。私はここに座って、全ての『ハリー・ポッター』ファンの質問に答えるけど、写真は撮れないのって言うことにするわ」。

とはいえ、それぞれのファンに対して対応を変えるとも話すエマは「誰かのその人の1週間を最高のものにするのならば」写真にも応じると続けた。「気をつけてファンとの交流を選ばなくちゃいけないわね。ただのセレブ目撃なのか、もしくはその人の1週間を最高のものにするほど意味があるのか? ってね。たとえば、子どもに対して私は写真を撮りたくないとは言わないわ」。

そんなエマは自身のプライベートについては秘密にしておきたいため、インタビューの中で恋人のことを話したりすることはないのだと話す。「一貫性をもっていたいの。インタビューの中で恋人について話すことはできないけど、かと言って私の家の周りを歩く私の写真をパパラッチが撮らないとは期待してはいないわ。どちらも手に入れるのは無理なのよ」。

新作『美女と野獣』実写版が来月から日本でも公開されるエマは、自身が女優になるには真面目すぎると考えていたこともあったと英「VANITY FAIR」誌3月号の中で語っている。「10歳か11歳くらいから女優の仕事をしているけど、私はしょっちゅうこの仕事は向いていないわって思ったこともあったわ。だって私は真面目すぎるから。面倒くさいし、難しいし、言うことも聞かないしね。でも年をとるにつれて、私は気がついたの。そうじゃないのよ! 小さい役だろうと大きな役だろうと、それは私なんだって」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top