【特別映像】“宇宙にたった2人きり”は求め合うキスもアツい!『パッセンジャー』

ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットが、地球と似た惑星を目指す宇宙船を舞台に贈る『パッセンジャー』。目的地の惑星到着まで120年もかかるなか、なぜか90年も早く目覚めしまった男女の織りなすラブロマンス

映画
オーロラ(ジェニファー・ローレンス)&ジム(クリス・プラット)/『パッセンジャー』
  • オーロラ(ジェニファー・ローレンス)&ジム(クリス・プラット)/『パッセンジャー』
  • オーロラ(ジェニファー・ローレンス)&ジム(クリス・プラット)/『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
  • 『パッセンジャー』
ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットが、地球と似た惑星を目指す宇宙船を舞台に贈る『パッセンジャー』。目的地の惑星到着まで120年もかかるなか、なぜか90年も早く目覚めしまった男女の織りなすラブロマンスも見どころとなる本作から、“宇宙でたった2人きり”だからこそ燃える映像が到着した。

冬眠装置で眠る乗客5,000人を乗せ、新たな移住地を目指し地球を後にした豪華宇宙船が舞台となる本作。今回解禁となった映像では、誰もがひそかに憧れるような“宇宙でたった2人きりの男女”という極限状況が分かり、“壮絶だからこそ恋は燃える”と言わんばかりの情熱的なキスシーンも収められている。

映像冒頭、ジェニファーは自身が演じるオーロラが、並々ならぬ覚悟でこの宇宙船に乗り込んだことを明かしている。作家であるオーロラは、ファーストクラスの乗客で裕福な家庭で育ち、洗練された雰囲気を持つエネルギッシュでセクシーな女性。“移住経験を本にする”という夢を抱く彼女だが、ジェニファーが語るように“冬眠から目覚めた120年後の世界”は、愛する家族も友人もいない。つまり、オーロラは夢を実現するため、地球での恵まれた生活を捨てるほど強い決意で、この宇宙船に乗っているのだ。ジェニファーは「そこに何があるのか知りたくなるのが人間の本能よ」と語り、彼女のそんな行動力に共感しながら演じていたという。

一方、クリス演じるジムはエコノミークラスの乗客で、素朴でシャイな男性。エンジニアである彼は、“壊れたものは即交換する”時代になった地球を後にし、自分の技術力が役立つ新天地を求めて宇宙船に乗った。そんな彼もまた、“新しい惑星でゼロから自分の家を建てる”という夢を抱いていた。しかし、固い決意と希望に満ちた彼らの夢は打ち砕かれ、一変して“90年も早く目覚める”絶望的な状況に立たされてしまう。さらに、宇宙船は突如としてシャットダウン、宇宙に吸い込まれそうになり、船内は炎に包まれ…と、アクシデントが次々と2人に襲いかかる。「事態の重大さも理解できない」とジェニファーも絶句するほどの極限状況だ。


そんな壮絶な運命に打ちひしがれてもなお、2人の生きる糧となったのが、“互いを求め合う愛”だった。映像の後半では、クリスの「セクシーな要素もある」という言葉を象徴するように、緊迫した船内の様子と共にオーロラとジムの“燃えるようなキス”が映し出されている。この極限状況のロマンスについて、クリスは「孤立した空間に2人きり。その状況は孤独な一方で、2人の愛に関しては良い面も合わせ持っている」と説明している。さらにジェニファーも、「2人が直面しているのは非常に緊迫した状況で、決して普通ではない場所であるからこそ、育まれるものがあるの」と語る。

地球では出会うはずのなかった2人のロマンスは、どうなってしまうのか? 必死に生きる術を模索する彼らの“壮絶な愛と運命”に、目が離せなくなりそうだ。

『パッセンジャー』は3月24日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top