キム・カーダシアン、パリでの強盗被害の体験を涙ながらに語る

キム・カーダシアンが昨年10月、フランスのパリで強盗被害に遭った体験を涙ながらに語った。

最新ニュース ゴシップ
キム・カーダシアン-(C)Getty Images
  • キム・カーダシアン-(C)Getty Images
  • キム・カーダシアン-(C)Getty Images
  • キム・カーダシアン-(C)Getty Images
キム・カーダシアンが昨年10月、フランスのパリで強盗被害に遭った体験を涙ながらに語った。

昨年10月3日(現地時間)、パリで滞在先の部屋に押し入った男たちに銃を突きつけられ、貴金属や現金など総額約1,000万ユーロ相当を強奪されたキム。幸い怪我はなかったが、精神的に大きなダメージを受けた彼女は、事件後しばらくの間はSNSの更新もせず、沈黙を守っていた。

キムは出演しているリアリティ番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」の19日(現地時間)放送予定回で、姉妹のクロエとコートニーを相手に事件について語っているという。

公開された予告編で、キムは「彼らはお金を要求してきたの。私は『お金は持っていない』と答えたの。彼らは私を階段のある廊下に引きずり出して、そのときに私ははっきり銃を見たの」と語った。「銃を見て、それから階段を見下ろして、『すぐに決断しなきゃ』と思った。階段を駆け下りて、背中を撃たれるか」。涙がこみ上げてくるのを抑えられない様子でキムは「考えるだけで、ものすごく動揺する。彼らが私の背中を撃つか、もし私が逃げ切ったとしても、エレベーターの扉がすぐに開かなかったり、階段に鍵がかかっていたら、私は終わり。逃げ場はないって」と姉妹に恐怖の体験を語っている。
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top