YOSHIKI、「X JAPAN」胸の内を明かす「当たり前ではない、奇跡の連続」

世界で活躍する日本のロックバンド、「X JAPAN」のドキュメンタリー映画『WE ARE X』の大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶が3月17日…

最新ニュース レポート
YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
  • YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
  • YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
  • YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
  • YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
  • YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
  • YOSHIKI/『WE ARE X』大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶
世界で活躍する日本のロックバンド、「X JAPAN」のドキュメンタリー映画『WE ARE X』の大ヒット御礼ティーチイン付き舞台挨拶が3月17日(金)、都内で行われ、出演するメンバーのYOSHIKIがファンの歓声の中、にこやかに登壇した。YOSHIKIさんは渾身作に込めた想いについて、「解散前は、HIDEがいる、メンバーがいる、TOSHIがいる、ファンがいるーすべてのことが当たり前のように思っていました。でも解散があり10年間考える機会があって。その時期に起こっていたすべてのことは、奇跡の瞬間の連続だなと思いました」と静かな口調ながら切実に言葉を紡ぎ、集まったファンもしっとりと聞き入っていた。

『WE ARE X』は、「X JAPAN」の封印された歴史を、ハリウッドが制作した禁断のドキュメンタリー映画。バンドとしての世界への挑戦、メンバーの脱退や死、解散、復活という栄光と挫折を描く。3月3日に封切られて以降、SNS上では映画を観た「X JAPAN」ファンのみならず、ファン以外からのコメントも熱く賑わせており、初日からリピーターが続出している話題作だ。大ヒットの反響はYOSHIKIさん本人にも届いていると話し、「感想をいただいて“生きる道を見つけました”“勇気をもらいました”と。過程はつらかったですけど、やってよかったと思いました」と笑顔を見せた。

この日は、「NGワードないです、何でも大丈夫です」とどっしり構えたYOSHIKIさんに、ファンの方が質問を投げかけるティーチインも開催された。一番つらかったときの気持ちの立て直し方の質問が飛ぶと、YOSHIKIさんは「痛みって乗り越えるものなのかなって考え始めたときに、共存していくのではないかと。痛みは消えないから、痛みと生きていこうと思えるようになってから、前に進めるようになりました」と胸の内を明かした。さらに、「僕の場合、ファンの皆さんにいつも背中を押していただきます。決して強い人間じゃないですけど、“頑張って”の一言で結構頑張れちゃいます」と話すと、場内から拍手喝さいを浴びていた。

なお、同日に都内レコード店で行われた「映画『WE ARE X』オリジナル・サウンドトラック大ヒット記念「X JAPAN」緊急プレミアム・サイン会」では、「X JAPAN」ワールドツアーの開催の決定が伝えられた。サウンドトラックによるツアーかと尋ねられたYOSHIKIさんは、「次のツアーはニューアルバム主体のツアーかな」と口をすべらせてしまい、会場は一斉に盛り上がった。すると、慌てたYOSHIKIさんは「言い切っちゃうとまた問題が起こるからなあ(笑)。2枚のアルバムを引っ提げてのツアー“かも”しれません」と訂正しつつも、穏やかに希望を与えていた。

『WE ARE X』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top