小栗旬、『銀魂』撮影現場で“座長力”を発揮!キャラ完コピは圧巻

「週刊少年ジャンプ」の大人気看板コミックにして、累計発行部数5100万部以上を誇る『銀魂』(原作空知英秋)の実写化は昨年6月末の第一報から…

最新ニュース
『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
  • 『銀魂』撮影現場(C)空知英秋/集英社(C)2017「銀魂」製作委員会
「週刊少年ジャンプ」の大人気看板コミックにして、累計発行部数5100万部以上を誇る『銀魂』(原作空知英秋)の実写化は昨年6月末の第一報から、ファンの熱い視線を浴び、キャストの名前やビジュアルが解禁されるたびに、大反響を巻き起こしている。

本レポートでは、昨年8月某日、茨城県・ワープステーション江戸で行われた撮影現場に密着。舞台となるパラレルワールドの江戸の町並みが出現した現場には、メガホンをとる福田雄一監督(「勇者ヨシヒコ」シリーズ)を筆頭に、主人公の“銀さん”こと坂田銀時を演じる小栗旬、銀時とともに万事屋(よろずや)を営む志村新八役の菅田将暉、神楽役の橋本環奈が顔を揃えた。

まず目を引くのは、キャスト陣による登場人物の“完コピ”ぶりだ。小栗さんは地毛を銀髪に染め上げ、ウィッグも着用して、銀時のトレードマークである「天然パーマで銀髪」を忠実に再現。菅田さんの新八=メガネ男子っぷりは見事にハマッているし、橋本さんもオレンジ色に染めた地毛、青い瞳とチャイナ服で神楽になりきっている。

台風一過で気温が優に30度を超えたこの日、小栗さん、菅田さん、橋本さんが臨んだのは、「瑠璃丸」と名付けられたカブトムシを猛然と追いかけるシーン。本番を前に、3人が走るスピードが何度となく調整されたが、全力疾走の小栗さんに追い付こうと、はかま姿の菅田さん、チャイナ服の橋本さんが悪戦苦闘していた。

そこに涼しい表情で、颯爽と同流するのは桂小太郎を演じる岡田将生。長い黒髪で容姿端麗、「狂乱の貴公子」との異名を持つ人気キャラクターで、こちらも原作コミックが飛び出してきたような存在感。その隣には、桂のペットにして相棒の地球外生物、エリザベスの姿も! 抱腹絶倒のギャグが炸裂する『銀魂』スピリットは、実写版でも健在なのだ。周囲を見渡せば、特殊メイクを施された宇宙人=「天人(あまんと)」役のエキストラもちらほら。

また、その場で高精度なCG合成が行える「Nカム」と呼ばれる特殊なカメラシステムが、現場に持ち込まれた点も『銀魂』ならでは。小栗さんらは、実際には存在しないCGキャラクター(このシーンであれば、カブトムシの瑠璃丸)のサイズや動きを確認し、演技の参考にすることができる。もう1点、『銀魂』ならではと言えば、アクロバティックな殺陣だ。今回、小栗さんの提案によって、ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。」、実写版『ルパン三世』など小栗さんの出演作で活躍した韓国のアクションチームが現場の指揮をとっていた。

そして、何よりも小栗さんが現場で発揮する“座長力”はさすがの一言。人気コミックの実写化といえば、批判もつきものだが「それでも受けて立つ」と言わんばかりの堂々たる佇まいが、自然と共演者やスタッフを鼓舞しているのが、ヒシヒシと伝わってくる。小栗さん自身が『銀魂』の大ファンであり(コミック27巻には、小栗旬之介というパロディキャラも登場!)、原作ファンの気持ちも十分理解しているだけに、「絶対に裏切れない」という強い決意があるはず。福田監督が「銀ちゃんは小栗君しかいなかった」と全幅の信頼を寄せる理由を、肌で感じる現場取材だった。

■坂田銀時役:小栗旬
(『銀魂』の魅力は)凄く振り幅があるってことじゃないですかね。やっぱり今回の作品でも、シリアスになりそうになった途端、突然また“面白”になったりする所もあるし、『銀魂』という世界観がそれを許しているというか。本来だったら絶対にかっこいい所で終わっている部分をまた遊びにもって行けたりするところが一番魅力的な部分なんじゃないかなと思います。

やはり冒頭から、(中村勘九郎演じる)近藤勲さんがとても面白かったので、凄くいいスタートを切ったという感じがありました。勘九郎さんのシーンは本当に面白かったです。ずっと笑ってました(笑)。凄い覚悟を感じましたからね…その覚悟、必要なのかなって思いながら見てましたけど(笑)。でも勘九郎さんのあの現場を見て、みんな一気に触発された感じはありました。

■志村新八役:菅田将暉
やっぱり、頭に小栗さんがいて、そのほかのキャストもとても豪華ですごいんですが、福田組ならでは、というキャストの方々もいっぱいいて、そこに同じように居させて貰えるのがとても光栄でした。多分、最近の僕はメジャーな作品が増え、華やかだったり、派手だったり、チャラかったりイメージとして“陽”な役が多いんですが今回は割と真逆を行ってますので、いい裏切りになるといいなと思っております。

キャスト発表のときに、福田さんがおっしゃっていた、みんなの評価、「あんな派手な菅田将暉にこんな地味なメガネできないだろう」とか「1000年に一度のアイドルが鼻ほじるわけないだろう」とか、「後の人間国宝かもしれない中村勘九郎が森で蜂蜜塗って全裸で立ってるわけないだろう」みたいなツッコミが全部フリにしかならない作品になっているんじゃないかなと思います。やはりエリザベスが出てくると面白いです。実写ですので、明らかに違和感がありますし(笑)。

■神楽役:橋本環奈
楽しかったです(笑)。やる前から、やっぱり神楽はゲロインだし、鼻ほじのシーンとかもあるのは分かっていましたけど、中途半端にやっちゃうと、いろんな人が「これは神楽じゃない」って言うと思うし、神楽は夜兎族で本当に俊敏にアクションをやったり、かっこいい一面もあるけど、そういう面白いことも多いじゃないですか。とにかく振り切って、中途半端にしないことっていうのは、心がけていました。撮影で鼻ほじのシーンが終わった後に、みんなに拍手して貰ったんですよ。なぜか(笑)すごくうれしかったんですけれど、やりきれたかなって気持ちはあります。

『銀魂』は7月14日(金)より全国にて公開。

協力:ワーナー・ブラザース
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top