【特別映像】押井守、スカヨハは「僕が想像した以上」実写『攻殻』に太鼓判

先日、東京で行われた世界最速のワールドプレミアでは、スカーレット・ヨハンソン、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が来日し、ビートたけしら日本人キャストも見守る中、初披露された『ゴースト・イン・ザ

映画 洋画ニュース
押井守監督、撮影現場訪問『ゴースト・イン・ザ・シェル』(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 押井守監督、撮影現場訪問『ゴースト・イン・ザ・シェル』(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 押井守監督、撮影現場訪問『ゴースト・イン・ザ・シェル』(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』(C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』 (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』本ポスター (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
先日、東京で行われた世界最速のワールドプレミアでは、スカーレット・ヨハンソン、ピルー・アスベック、ジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が来日し、ビートたけしら日本人キャストも見守る中、初披露された『ゴースト・イン・ザ・シェル』。このたび、本作の撮影現場を訪問した劇場アニメ『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の監督・押井守が語る特別映像が到着した。

吹替え声優に、押井監督による『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』での集結から22年、その続編『イノセンス』や、神山健治のTVアニメシリーズ「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」などで声優を努めた、田中敦子(草薙素子役/※ハリウッド版では“少佐“役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)が6年ぶりに同役を務めることも大きな話題を呼んでいる本作。

「攻殻機動隊」シリーズの大ファンと公言するルパート・サンダース監督は、製作に関わるスタッフ陣は、脚本、製作、そして撮影を通して、インスピレーションを得るべく、何度もコミックとアニメに立ち返ったと明かす。満を持してのハリウッドでの実写化に当たり、「『攻殻機動隊』の歴史に名を連ねることを誇りに思っている。彼らにも私たちのプロジェクトの一部になってもらうことを願っていた」と語り、香港での撮影現場に押井監督やTVシリーズの神山監督を招待。本映像では、その際の様子の一部が映し出されている。


映像内では、押井監督にリスペクトを込め「彼が想像した世界は本当に壮観だ」と語るサンダース監督。そんな監督の作品づくりにおける、真摯で情熱的な姿勢には、主演のスカーレット・ヨハンソンも感銘を受けた様子で、「ルパートにはビジョンがある。いままでにない体験だったわ」とふり返っている。そして、押井監督も、実際に撮影現場を訪れたことで心に響くものがあったようで、「ルパートは彼のバージョンの物語を作っている」と語る。

続けて押井監督は、「スカーレット・ヨハンソンの素子(※本作では“少佐”)を、1本通して最後まで観てみたい。僕が想像した以上に、(少佐の)役になっていると思います。間違いなくいままで作られた『攻殻』の中で、一番ゴージャスな作品になると思います」と断言。

さらに、心と体が統一されていないキャラクターを表現するスカーレットの能力に、「少佐には凶暴で、好戦的な側面もあるが、不安に苛まれてもいる。彼女はまったくの人間でもなければ、まったくのロボットでもない。スカーレットはそれを目で表現することができる。彼女は僕が描いたキャラクターとかなり近い。この役は彼女のための役で、ほかの誰も演じることができなかっただろう」と、惜しみない賛辞を送っている。

「攻殻機動隊」シリーズにおいて、大きな説得力を持つ人物の1人である押井氏が太鼓判を押す本作。サンダース監督が最後に「誰も見たことのない世界だ」と豪語する、史上最もゴージャスな“攻殻”がますます楽しみになってきた。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top