永野芽郁、初主演作の公開に涙…白濱亜嵐&三浦翔平の粋な気遣いに大拍手!

映画『ひるなかの流星』の公開記念舞台挨拶が3月25日(土)、都内にて開催され、主演の永野芽郁、出演の三浦翔平、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山本舞香、新城毅彦監督が登壇。永野さんが歓喜の涙を流した。

最新ニュース
白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 新城毅彦監督、白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平、山本舞香/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 新城毅彦監督、白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平、山本舞香/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 新城毅彦監督、白濱亜嵐、永野芽郁、三浦翔平、山本舞香/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 永野芽郁/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 永野芽郁/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
  • 白濱亜嵐、永野芽郁/映画『ひるなかの流星』公開記念舞台挨拶
映画『ひるなかの流星』の公開記念舞台挨拶が3月25日(土)、都内にて開催され、主演の永野芽郁、出演の三浦翔平、白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、山本舞香、新城毅彦監督が登壇。永野さんが歓喜の涙を流した。

同作は、“初恋のバイブル”として知られ、累計発行部数212万部を突破したやまもり三香の人気コミックを実写化。家族の事情で、田舎から東京に越してきた高校1年生の与謝野すずめ(永野さん)が、恋心を抱く担任教師の獅子尾先生(三浦さん)、自分に告白してきたクラスメイト・馬村(白濱さん)との間で、乙女心を揺れ動かす青春ラブストーリー。

「芽郁ちゃん!」という大声援に迎えられた永野さんは、初主演映画が公開を迎え、「すごくほっとしています」と素直な心境を言葉にした。「撮影中も、無事に自分で撮りきれるのだろうかという思いがあったりしましたので、このように最初から最後まですずめとして演じたものがようやくみなさんに観ていただけることは、本当にほっとしています」と笑顔を見せた。

イベントでは、サプライズで原作者のやまもりさんからの手紙が紹介される一幕があった。

永野さんは「えっ? ちょっと待って、泣いちゃうよ。やばい!」と慌てていたが、初主演映画の撮影に体当たりで挑んだ17歳の永野さんへ向けた、やまもりさんの心温まる慈愛に満ちたメッセージが読み上げられると、永野さんは込み上げてくる感情を抑えられず、涙を流した。やまもりさんの「芽郁ちゃん、本当によかった!」というメッセージには感極まった様子で、うつむいた永野さんは手のひらでまぶたを押さえた。

そんな永野さんに、三浦さんはスーツの胸のポケットから取り出した白いハンカチを渡していたが、三浦さんは劇中さながらの様子で「君ねえ、ティッシュくらい持っていなさいよ!」とジョークを飛ばし、会場を盛り上げた。さらに、イベントを締める最後のあいさつで、永野さんが再び涙を流すと、今度は白濱さんが涙をふくためのティッシュを永野さんに手渡した。永野さんとの三角関係を演じた男性陣2人の粋な行動に会場から大きな拍手が贈られた。

永野さんは「自分が初めて主演した映画がこの作品でよかったと心から思っています。誰がなんと言おうと、私の代表作です! 観てくれてありがとうございました!」と涙で声を震わせながらも、満面の笑顔を弾けさせた。

映画『ひるなかの流星』は3月24日(金)より全国東宝系にて公開。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top