【特別映像】大塚明夫、三上哲らの吹替版も収録!『マグニフィセント・セブン』リリース決定

『七人の侍』と『荒野の七人』を原案に、偉大なる男たちの熱き生き様を描いたド派手なアクション超大作『マグニフィセント・セブン』。5月24日(水)より発売されるブルーレイ&DVDに、劇場では公開されなかった

映画 洋画ニュース
『マグニフィセント・セブン』 (C)2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc.,LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
  • 『マグニフィセント・セブン』 (C)2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc.,LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
  • 『マグニフィセント・セブン』
  • 『マグニフィセント・セブン』
  • 『マグニフィセント・セブン』BD (C)2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc.,LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
  • 『マグニフィセント・セブン』DVD (C)2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc.,LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
  • 『マグニフィセント・セブン』4K ULTRA HD&ブルーレイ (C)2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc.,LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
『七人の侍』と『荒野の七人』を原案に、偉大なる男たちの熱き生き様を描いたド派手なアクション超大作『マグニフィセント・セブン』。5月24日(水)より発売されるブルーレイ&DVDに、劇場では公開されなかった大塚明夫、三上哲、宮本充らオールスター声優陣が集結した日本語吹き替え版が収録される。

冷酷非道な悪漢・ボーグ(ピーター・サースガード)に支配された町で、彼に家族を殺されたエマ(ヘイリー・ベネット)は、賞金稼ぎのサム(デンゼル・ワシントン)、ギャンブラーのファラデー(クリス・プラット)ら、“ワケありのアウトロー7人”を雇い、正義のための復讐を依頼する。最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢など、それぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく――。

『イコライザー』『フェンス』のデンゼル・ワシントンに加え、『パッセンジャー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのクリス・プラット、『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホーク、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のイ・ビョンホンほか豪華キャスト陣が演じる、“キャラ立ち”満点&カッコよすぎる7人のアウトローが巨悪を討つアクション・エンターテインメント。

日米映画史に燦然と輝く、黒澤明監督の傑作『七人の侍』(1954年)、そしてジョン・スタージェス監督の『荒野の七人』(1960年)を原案に、その興奮とスピリッツを受け継いでリメイク。デンゼルとは3度目のタッグとなるヒットメーカーのアントワーン・フークア監督がメガホンをとり、「重要なのは『七人の侍』のDNAに忠実であること。クロサワが生きていれば、現代版のこの物語を観たいと思ってくれると信じている」と自ら語るように、最大のリスペクトを捧げ作り上げた。

とくに注目を集めたのは、胸アツのガンアクションのみならず、男たちの絆と美学を映し出し熱い生き様、そして死に様。しかも、個性豊かなキャラクターたちにブロマンス、ジェンダー、多様性、PTSDなど、現代的な要素を盛り込んだことも話題を呼んだ。

また、本作は、『タイタニック』『アバター』などを手がけ、2015年6月に悲運の飛行機事故で亡くなった稀代の映画音楽家ジェームズ・ホーナーの遺作であり、音楽も胸アツ。エンドロールには、E.バーンスタインによる『荒野の七人』オリジナル・テーマも使用されている。

そして、ブルーレイ&DVDには、劇場では公開されなかったファン待望の日本語吹き替え音声を収録。デンゼル演じるサム・チザム役には大塚明夫、クリス演じるジョシュ・ファラデー役には三上哲、イーサン演じるグッドナイト・ロビショー役には宮本充、さらに阪口周平、楠見尚己、星野貴紀など、声優陣もオールスターキャストが実現。


さらに、本国のブルーレイに収録されており、「絶対に日本版にも入れてほしい」という要望もあった<7人の俳優と監督によるトークセッション>を、ブルーレイ特典映像に収録。ブルーレイには日本オリジナルの特典<着せ替えジャケ7枚セット>も封入される。この<7人の俳優と監督によるトークセッション>や未公開シーンの一部、そして吹き替え声優たちを紹介する特別映像も合わせて初公開。リリースがいっそう楽しみになる映像となっている。


『マグニフィセント・セブン』ブルーレイ&DVDは5月24日(水)より発売。

<『マグニフィセント・セブン』リリース情報>
■ブルーレイ【初回生産限定】 4,743円+税
■DVD 3,800円+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイ セット 6,800円+税

発売・販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)2016 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc., Columbia Pictures Industries, Inc.,
LSC Film Corporation and Village Roadshow Films Global Inc. All Rights Reserved.
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top