遠藤憲一、「世にも奇妙な物語」初主演!ほろりと泣けるラブストーリー熱演

最新ニュース

「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」
  • 「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」
  • 「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」
  • 「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」
  • 「世にも奇妙な物語‘17春の特別編」
俳優の遠藤憲一が、4月29日(土)に放送される「世にも奇妙な物語 ’17春の特別編」に出演することが決定。菅田将暉主演の「カメレオン俳優」に続き、「世にも奇妙な物語」“初”主演となる遠藤さんは、Web漫画サイト「XOY」で連載されているオムニバスミステリースリラー作品「奇々怪々」のエピソードのひとつで「妻の記憶」という作品に出演する。

遠藤さんが演じるのは、接待や飲みに明け暮れ、毎晩遅くに帰宅する仕事一筋のサラリーマン・成田陽一郎。ある日、不注意で火事を起こした妻・春子(原田美枝子)が他界してしまう。ところがその葬儀の翌朝、食卓に朝食を並べる春子の姿が…。でもその姿は娘には見えないという。怨霊なのか、幻なのか…。実は生前、認知症を患っていたという春子。ごくまれに認知症患者自身の“忘れたくない”という強烈な意思によって、その記憶が残像となって時空間に定着するケースがあるという。こうして陽一郎と“妻の記憶”の奇妙な夫婦2人暮らしが再スタートするが…というストーリー。

本作を「20分程のストーリーの中におっかないとかびっくりとかだけではなく、おかしみとちょっと切なさみたいなものが入っています」と説明する遠藤さん。見どころについては、「大切な人を失うということは誰でも経験しうるので、どこか共感していただけると思います」とコメント。また実際に撮影してみた感想は、「CGを使ったり、細かい作業があるので難しいですね。あと、原田美枝子さんは大好きな女優さんで、過去にも夫婦役をやったことがあるのでばっちりなんですが、今回は勝手にこっち側が喋るだけで意思疎通ができない設定なので、そのバランスが面白いと思います」と語り、「最後に“見て良かった”と思ってもらえるよう1シーン1シーン一生懸命やっています。『世にも奇妙な物語』は27年も続いているということで、その中で代表作になるように頑張りますので、ぜひ見てください」とメッセージを寄せた。

プロデュースの後藤庸介は、「遠藤憲一さんの繊細なお芝居には、現場で何回も涙をこらえさせられました。思いっきり泣ける“大人の『世にも奇妙な物語』”になっていると思います」と語っており、強面の役、かわいい役、情けない役など様々な役柄に扮してきた遠藤さんが、奇妙であったかくてほろりと泣けるラブストーリーで一体どんな熱演を披露するのか楽しみだ。

「世にも奇妙な物語 ’17春の特別編」は4月29日(土)21時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top