世界初のパクチー専門店! 経堂「パクチーハウス東京」へのアクセス、メニューまとめ

最新ニュース

世界初のパクチー専門店! 経堂「パクチーハウス東京」へのアクセス、メニューまとめ
  • 世界初のパクチー専門店! 経堂「パクチーハウス東京」へのアクセス、メニューまとめ

小田急線の経堂駅から歩いて5分のところにあるパクチーハウス東京。「交流する飲食店」をコンセプトに作られた店内はいつでも開かれた空間として、お客さんにパクチーの様々な魅力を提案しています。店舗へのアクセス、メニューについてまとめました。

予約の取れない大人気専門店!

今やアジア系の料理のみならず、様々な可能性を広げているパクチー。そんなパクチーの専門店として世界で初めてオープンした「パクチーハウス東京」。美味しい料理はもちろん、パクチーの爆発的な人気とも相まって予約が取れないことも多い人気店です。

「交流する飲食店」をコンセプトに作られた店内は、大きな丸テーブルに椅子が並んでいます。相席も推奨されているので、パクチーが好きな人同士が新しく出会う場にもなっているんです。貸し切り営業は行っておらず、いつでも開かれた空間としてお客さんにパクチーの様々な魅力を提案しています。

提供されているメニューも、おひたし、ごま和え、かき揚げ、ご飯物やシャーベットまで、全ての料理にパクチーが使われています。その香りなどから好き嫌いがはっきり分かれるパクチーですが、専門店ならではの切り口で、様々な可能性を提案してくれます。このお店を通じてパクチーが好きになったという人も。「ノーパクチー・ノーライフ」を合言葉に、今後も新たな驚きを提供してくれそうなお店です。

経堂駅から歩いて5分

「パクチーハウス東京」は、世田谷区経堂にあります。

電車の場合

最寄り駅は小田急線の「経堂駅」です。駅の南口を出て「三井住友銀行」の横の道を直進します。ローソンやナチュラルクレープを超えた先にある「吉川水産ビル」の2階です。

車の場合

「経堂駅」を目指しましょう。経堂駅入口の交差点から駅方面へ曲がり、一方通行の道を直進すると、左手にあります。なお、駐車場はありませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。

営業時間案内

「パクチーハウス東京」の営業時間は下記の通りです。
営業時間:18:00~23:00(ラストオーダーは22:00)
定休日:特になし
曜日を問わず営業していますので、仕事帰りやお出かけの帰りにも立ち寄ることが出来ますね。なお、予約は1ヶ月前から可能です。非常に人気が高いお店ですので早めの予約をお勧めします。
とはいえ、交流がコンセプトのお店ですので、一人で行ってみると新たな出会いがあるかもしれません。

パクチーの新たな魅力を続々発見!

世界初のパクチー専門店は伊達じゃない!見た目のインパクトがあるメニューも多く、写真を撮影するのも楽しくなってしまいます。

パク天(789円)

新鮮なパクチーをかき揚げのようにカラッと揚げた一品です。鮮やかな緑がインパクト抜群。パクチーが混ざっている「パク塩」でいただきます。油で揚げることでパクチー独特の香りも緩和されているので、パクチーが苦手な人にもおすすめ。

パクパクピッグパクポーク ビッグパクパクパクポーク(1,200円)

メニューの名前にインパクトがありますが、要するに豚バラ煮込みのパクチー添えです。
ごま油のきいた中華風の味付けをした豚バラに、パクチーの香りがマッチします。正式名称を噛まずに言えるかどうか、チャレンジしてみてくださいね。

パク塩アイス(400円)

デザートメニューにもしっかりパクチーが活用されています。アイスにパク塩やパクチーの葉、花の蜜、種が使われているため、これまでにないパクチーの味を感じる事が出来ますよ。パクチーのイメージを覆す画期的なメニューです。

パクチーを追加して欲しいときは、大きな声で「追パク」(追加注文)しましょう。声の大きさによって出てくる量が変わるようですよ。
パクチーの様々な魅力を引き出し、ますます私たちをトリコにしていく「パクチーハウス東京」。世界初の専門店の味を、心ゆくまで堪能してくださいね。

スポット情報

スポット名
パクチーハウス東京
住所
世田谷区経堂1-25-18 2F
電話番号
03-6310-0355
《編集部@ルトロン》

関連ニュース

特集

page top