アンダーズ 東京「ルーフトップ バー」で初夏のアフター5を満喫!

最新ニュース

ルーフトップ バー 「アペリティーヴォ スプリッツ」
  • ルーフトップ バー 「アペリティーヴォ スプリッツ」
  • 「ルーフトップ サンダウナーズ」
初夏になると人気のオープンエアのテラス席。アンダーズ 東京52階の「ルーフトップ バー」では、ミクソロジストが作る「アペリティーヴォ スプリッツ」を、5月1日(月)~6月30日(金)の期間に提供する。

アペリティーヴォとは、イタリア人たちが夕食前のちょっとしたひと時に、簡単なおつまみと一緒に軽くカクテルなどのお酒を楽しむ習慣のことだ。特に、アペロールを使った鮮やかなオレンジ色のカクテル「スプリッツ」は、アぺリティーヴォの定番カクテルだ。

「ルーフトップ バー」では、ミクソロジストがスパークリングワインや日本酒など、ユニークなアレンジを加え、オリジナルのレシピで作るスプリッツを提供。ユニークなのはホテル名が付いた「アンダーズ スプリッツ」。クラシックスタイルと同様、アペロールを使用したスプリッツに、アンダーズオリジナルの日本酒「52」を加えて和の風味を感じる一杯に仕上げた。

ほかに、カンパリ、オレンジ風味のスイートベルモット、スパークリングワインを合わせた「ネグローニ ズバリアート」や、ボタニストジン、サンジェルマン、カモミールシロップ、ミント、スパークリングワインで作る爽やかな「ボタニカル スプリッツ」など、初夏にぴったりなメニューがラインナップ。全てのスプリッツはパンチボウルでの提供もあるので、大勢で盛り上がりながらいただいてみたい。各1,950円、パンチボウルは各7,600円(3~4名用)。(※記載の価格に15%のサービス料と消費税を加算)

また、5月9日(火)~6月3日(土)の毎週火、水、木、金、土曜日限定17時~21時で、昨年好評だった「ルーフトップ サンダウナーズ」が再登場。刻々と変化する夕暮れ時の東京の景色を望みながら、冷えたシャンパンやビールとともに、趣向を凝らしたカナッペや季節の握り寿司、ミニ クラシック バーガー、ミニ エクレアなど、アンダーズ 東京のシェフたち自慢の逸品を愉しめる。

「ルーフトップ サンダウナーズ」では、ドリンク2時間フリーフロー(1時間半ラストオーダー)で、10,000円と12,000円のコースを用意。(サービス料と消費税は料金に含まれている。悪天候の場合は開催場所を変更する場合がある。予約は2名より受付)

ホテルの最上階のバーでアフター5を有効活用してみてはいかが?


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top