“ITの目線”でコーヒーハック!サードウェーブ系ショップが自由が丘にオープン

最新ニュース

「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」コーヒー
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」コーヒー
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」アボカドトースト
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」 チーズバーガー ホットドッグ
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」 タコオニギリ
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」 左:プロジェクトマネージャー兼デザイナーアルヴィン・チャン氏 右:CEO大塚ケビン氏
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」ショップ内観
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」グッズ
  • 「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」ショップ内観
4月22日(土)、新たなサードウェーブ系コーヒーショップ「ALPHA BETA COFFEE CLUB(アルファベータコーヒークラブ)」が誕生した。同店は、東京・自由が丘に開業した新施設ミルシェ自由が丘3Fにオープンした。

「アルファベータコーヒークラブ」のCEO大塚ケビン氏は、元Googleのトップマーケター、プロジェクトマネージャー兼デザイナーは、サンフランシスコでフードデリバリーサービス事業を展開する「Zestly」の創設者であるアルヴィン・チャン氏というコンビだけあって、“ITの目線”でコーヒーハックを新しく提案し、<フード><ビバレッジ><サービス>の面から、趣向やシーンに合わせたユニークな店舗、そしてブランドづくりが展開されている。

実は、同ブランドは2014年の創業時は、単一農園、単一品種の「シングルオリジン」に特化した「スペシャルティコーヒー」を毎月3種類セレクトし会員に届ける、定期購入型セレクトデリバリーサービスを開始し、ファンを獲得してきた。

ブランド初のフィジカルショップとなる今回の店舗では、カリフォルニアのカフェでトレンドになっている「サブスクリプション型(会員制)」ビジネスモデルも採用。メンバー限定のプレミアムサービスを受けられる「Membership」(メンバーシップ)には、日本初となる良質なコーヒー全てを味わえるボトムレスサービス(飲み放題)などで、ファンづくりを推し進めるのが狙いだ。

ドリンクメニューには、厳選された「シングルオリジンコーヒー」はもちろん、窒素ガスを浸透させ、まるでビールのようなクリーミーな泡とともにビールサーバーから提供するアイスコーヒー「Nitro cold Brew」や、ポーランド発の紅茶界のニューウェーブ「スティーブン スミスティーメーカー」の「Portland Breakfast Blend」や「Meadow」なども味わえる。そのほか、クラフトビールやカリフォルニアワインなどのビバレッジも揃う。

フードコーディネーターには、サンフランシスコの「SPQR」や「Michael Mina」といった世界最高級のレストランで腕を振るったケイティー・コールを迎え、日本人のソウルフード「おにぎり」にメキシカンテイストをプラスした「Taco Rice Onigiri」や焼いてとろけたチーズとキムチの風味が絶妙な「Kimchi Grilled Cheese」などのオリジナルメニューがラインナップ。

これまでになかった新しいコーヒーショップのスタイルを、ぜひ試してみてはいかが?

営業時間は、平日7時~23時、土日祝日10時~23時。定休日なし。


《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top