グウィネス・パルトロウ、「Goop」初のビューティーショップをオープン

最新ニュース

グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
  • グウィネス・パルトロウ-(C)Getty Images
キッチン用品やセックス・トイなど、幅広いライフスタイル商品を手掛けるブランド「Goop」の創立者であるグウィネス・パルトロウが、同ブランド初のビューティー用品に特化したポップアップショップをオープンする。

今月29日(現地時間)にニューヨークにオープンする同店の目玉は、オープン時に初披露目となる香水「Goop's Edition2」。シソの葉の香りをベースとしており、スパイシーで大地のような香りが特長なのだそうだ。神秘的な感情を放出させられるとも説明されている。香水は165ドル、同じ香りを楽しめるキャンドルは72ドルで発売予定。

「Goops' Edition1」の成功を受けて、「Goop」のビューティー部門の代表を務めるエリン・コッターは「WWD」に「シーズンごとに新しい香水を発売したいと考えている」と語っている。また、香水の成功の秘訣を「成分が自然由来のものであり、原料を隠すことなく完全に開示していること」だとの自信も見せた。

先日、グウィネスは健康志向を掲げた「Goop」によるイベント「In goop health」を6月10日(現地時間)に開催することを発表。キャメロン・ディアス、トリー・バーチ、レナ・ダナムらを迎えてのディスカッションやワークアウトクラス、クリスタルセラピーなどを受講することができるという。参加には3タイプ(500ドル~1,500ドル)のチケットを購入することが必要となる。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top