桜田通、スマホゲームの声優に!「僕のことではなく役・作品を愛してください」

最新ニュース

桜田通
  • 桜田通
  • 桜田通/公式サイトより
テレビドラマ「クズの本懐」で主演を務め、同時期に放送されていたアニメ「クズの本懐」へも声優として出演するなど、マルチな才能を発揮し幅広い活躍をみせる最旬若手俳優の桜田通が、今度はスマートフォンゲーム「異世界でカフェを開店しました。」に出演! 異世界の王太子役で声優を務めていることが分かった。

桜田さんは、デビューしてまもなくミュージカル「テニスの王子様」で主役の座を射止め一躍注目の的に。その後は、映画『劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナル・カウントダウン』での主演や、「サムライ・ハイスクール」「弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~」、映画『BECK』『神さまの言うとおり』『orange』、「こえ恋」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」「グッドモーニングコール」「嫌われる勇気」と、挙げだせばキリがないほど多数のドラマ・映画作品に出演。最近では主演を務めた「クズの本懐」での好演が記憶に新しい。今年は、浜辺美波と北村匠海(DISH//)のダブル主演で贈る『君の膵臓をたべたい』に出演しており、今後の活躍に大きな期待が寄せられる、いま追いかけておくべき若手俳優のひとりだ。

そんな桜田さんが、今度はスマートフォンゲーム「異世界でカフェを開店しました。」にて声優に挑戦! 原作は、シリーズ発行部数累計37万部を超える人気小説。物語の主人公・理沙は、突然、ごはんのマズい異世界にトリップしてしまう。「もう耐えられない!」と、食文化を発展させるべくカフェを開店。うわさはたちまち広まり、カフェは大評判に! 妖精のバジルちゃんや、素敵な仲間に囲まれて、異世界ライフを満喫するクッキング・ファンタジーが展開される。

桜田さんは、本作のタイトルを見たとき「『食材にはスライムを使うのかな…』とRPGのような異世界を想像していました(笑)」と思ったそうだが、実際に読んでみて「『頑張って料理をしていきたい』『人をもてなしたい』という、人間の素敵な部分は異世界でも同じなんだなと思いました。 あとはやっぱり、キャラクターたちがカッコ良くて可愛いし、目の保養にもなりました!」と印象を語る。

普段は“俳優”として幅広い役を演じる桜田さんだが、“声優”として演じることに難しさを感じたという。「『声優』という言葉自体、『声』という文字が使われていますよね、『俳優』と違って。まさにその通りだなと、収録を通して思いました」「例えば、怒るシーンを撮影するとき、僕みたいな俳優は、身振り手振りを使ったり、大きな声を出して怒鳴ったり、 体全部を使って『怒る』を表現します。僕の演技を見てくれるお客さんたちも、僕の全部を見て『この人は怒っているんだ』と感じてくれる。でも、声優さんは『声』だけで『怒る』を100%表現しないといけない」「その表現は、普段やっている俳優業と明らかに違う点なので、 すごく難しかったです」。

桜田さんが演じたのは、異世界の王太子・エドガー。立ち振舞や身につけた教養は完璧な、まさにキラキラの“王子様”キャラクターだが、「エドガーの優しいところや、普通の人ではなく王子という気品のあるイメージを、僕の中で膨らませて収録させていただきました」と役作りについて明かした。

最後に、「普段、僕はいままで俳優をやってきたんですけど、そこを抜いて、エドガーの声をやっている1人の人間として、この声が皆さんに届いて、『良いな』『エドガーってこんな感じだな』と少しでも思ってもらえたり、エドガーというキャラクター自体を好きになってもらえたりしたら、それが一番嬉しいです」「僕のことではなく、エドガーのことを愛して、この作品のことを愛してください」と、役への愛情たっぷりのメッセージを寄せた。

公式サイトでは、桜田さんがエドガーを演じたサンプルボイスも公開中。“声優”という新たなフィールドでも輝く桜田さんの声と一緒に、異世界でカフェ運営を楽しんでみては?
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top