リリー・フランキー、障害が題材でもポップに「不謹慎という言葉自体が差別」

リリー・フランキーと清野菜名が7日(木)、都内で行われた映画『パーフェクト・レボリューション』の完成披露試写会に小池栄子、企画・原案の熊篠慶彦氏…

最新ニュース
リリー・フランキー/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
  • リリー・フランキー/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
  • 『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
  • 清野菜名/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
  • 小池栄子/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
  • 熊篠慶彦氏/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
  • 『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
リリー・フランキーと清野菜名が7日(木)、都内で行われた映画『パーフェクト・レボリューション』の完成披露試写会に小池栄子、企画・原案の熊篠慶彦氏、劇中曲担当の峯田和伸、そして松本准平監督と参加した。

車椅子生活を送りながら障害者への誤解を解くための活動をするクマ役のリリーさんは、熊篠氏とは10年来の仲。「熊篠さんの実話をベースにしたものが映画になると聞いて、映画のトークショーでもいいから手伝いたいと思ったら、熊篠さんの役をやってほしいと言われた。もともと知っていた方だったので、演じる上での苦労はなかった」と男気出演。電動車椅子操作のレッスンにも行ったそうで「最初は大変だったけれど、自分は車の免許を持っていないので、これいいな! と思った。これに乗って銀座に行きたい」と役得に満面の笑みだった。

『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
介護士役の小池さんが「リリーさんも熊篠さんも、居心地の良さが似ている。初めましてだけれど、そうじゃない風に思える。ゆるい空気を持っているのが似ている」とふり返ると、リリーさんは「介護士役の小池さんにはお風呂にも入れてもらって、あの小池栄子に髪の毛を洗ってもらうというのは男としてアガリだと思った」とニンマリ。

小池栄子/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
そんなクマに熱烈な愛を注ぐ人格障害を持つミツ役の清野さんは「台本をもらって、それと同時に監督から“ミツの笑顔と清野さんの笑顔はピッタリだ”との手紙をもらいました。それは初めてのことだったので嬉しくて、台本も面白かった。頭の中でミツが勝手に動き出していたので、私絶対にやるな! と思って、興味しかなかった」とオファー当時を回想。撮影では冬場の海にも入り「雪が降るかもしれないと言われていた日。すごく寒かったけれど、服の中にお湯を入れてもらって5時間くらいやりました」と女優魂を報告した。

清野菜名/『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
最後にリリーさんは「観客の皆さんにはこの映画を観た後に『障害を持っている人が主人公なんだけれど、すげえ馬鹿映画の面白いのを観た』と言ってほしい。観る前にあまり緊張すると後で損した気持ちになりますよ」と笑わせながら「世間には障害を持った人が出ている映画は重くなくてはいけないという風潮があって、笑えるようなものは不謹慎だなんていわれることがあるけれど、その不謹慎という言葉自体が差別。一つの笑えてポップな映画として楽しんでほしい」とメッセージを込めた。

『パーフェクト・レボリューション』完成披露試写会
映画『パーフェクト・レボリューション』は、9月29日(金)より全国公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top