家入レオ、上田竜也主演ドラマで女優デビュー!「ドキドキワクワクしています」

「KAT-TUN」上田竜也が主演を務めるドラマ24「新宿セブン」に、このたび、人気歌手の家入レオが出演決定。本作で女優デビューすることが決定した。

最新ニュース
家入レオ-(C)観月 昴・奥 道則/日本文芸社 -(C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • 家入レオ-(C)観月 昴・奥 道則/日本文芸社 -(C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • 家入レオ-(C)観月 昴・奥 道則/日本文芸社 -(C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • 「新宿セブン」 (C)観月 昴・奥 道則/日本文芸社 (C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • ドラマ24「新宿セブン」(C)観月 昴・奥道則/日本文芸社 (C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • ドラマ24「新宿セブン」(C)観月 昴・奥道則/日本文芸社 (C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • ドラマ24「新宿セブン」(C)観月 昴・奥道則/日本文芸社 (C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • ドラマ24「新宿セブン」(C)観月 昴・奥道則/日本文芸社 (C)2017「新宿セブン」製作委員会
  • ドラマ24「新宿セブン」(C)観月 昴・奥道則/日本文芸社 (C)2017「新宿セブン」製作委員会
「KAT-TUN」上田竜也が主演を務めるドラマ24「新宿セブン」に、このたび、人気歌手の家入レオが出演決定。本作で女優デビューすることが決定した。

24時間眠らない街、新宿歌舞伎町。東洋一の歓楽街と呼ばれ、妖しく危険に満ちたこの街で一目置かれている男がいた。七瀬質屋の店主で天才鑑定士。その男の名は「“七つ屋”の七瀬」。七瀬の店には、あらゆる物が持ち込まれる。時計やバッグ、果ては拳銃、クスリ、臓器まで…「人」も「モノ」も偽物を認めず、本物しか信じない七瀬は、持ち込まれる品物から依頼人の悩みを解決していく。なぜ、彼がこの街で質屋を経営しているのか? そこには歌舞伎町に潜む謎と隠された理由があった。ある答えに辿り着いた七瀬が、最後に鑑定するモノとは一体!? 果たして、それは本物なのか偽物なのか…。

家入さんが演じるのは、夏木マリ演じるシノブが経営する餃子屋のアルバイト店員・栞(22歳)。主人公の七瀬(上田さん)たちが通う歌舞伎町の餃子屋で、元気な看板娘を演じる。ひと癖もふた癖もある登場人物たちが、混沌とした街・歌舞伎町で繰り広げる人間模様…そこに栞はどう絡んでいくのか?

本作への出演にあたって「すごく嬉しかったです」という家入さん。「台本をいただいたときに、ドラマの主題歌ではなく、出演者として自分の名前が載っているのを見て、少し感動しました(笑)」「私自身、今回ドラマに初出演させて頂きますが、皆さんが栞という役に対してどんな感想を持たれるのか、ドキドキワクワクしています」と期待を明かす。

また歌手活動との違いについては、「音楽って、色んな人に支えて頂いて、はじめてステージに上がることが出来て。常に発信者が自分で、でもやっぱりどこか自分の中に深く潜っていく感じなんです。どんな歌詞を書いても、どんなメロディを作っても『家入レオ』なんです。当たり前ですが」「ドラマも色んな人に支えられて撮影しているとこには変わりないのですが、常に外にヒントがあって。相手の言葉や表情を受け取れたときの連動感とか、常にみんなでっていう連帯感のような雰囲気が新鮮でした」と熱弁。

「あと普段の私ではなく『栞』なので、言葉遣いとか服装とか自分以外になれるという感覚が面白いです」と楽しんでいるようだ。

クランクインした現場では「主演の上田竜也さんをはじめ、出演者の方みなさんに優しくしていただいてます。夏木マリさんにドラマについても勿論ですが餃子について話したり、田中哲司さんと学生時代のことについてお話したり、私がドラマの勝手がわからないときとかさりげなく中村倫也さんがフォローしてくださったり。助けられてます」と良い雰囲気であるようだ。

「ドラマ初出演ですが、ちゃんと作品に馴染んだ『栞』をお届けできるように頑張りますので、楽しみにしてもらえると嬉しいです」と最後にメッセージを寄せた。

ドラマ24「新宿セブン」は10月13日より毎週金曜深夜0時12分~テレビ東京ほかにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top