滝沢秀明、初の弁護士役で新境地へ!主題歌もソロで担当「チャレンジだと思います」

滝沢秀明が“オトナの土ドラ”枠2月スタートの新ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」で主演を務めることが決定。初の弁護士役に挑戦し、主題歌もソロで担当する。

最新ニュース
新ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」
  • 新ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」
滝沢秀明が“オトナの土ドラ”枠2月スタートの新ドラマ「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」で主演を務めることが決定。初の弁護士役に挑戦し、主題歌もソロで担当する。

■あらすじ


30年前に起きた一家三人惨殺事件。犯人とされた死刑囚のもとに、青年弁護士・浅利祐介(滝沢秀明)が現れる。彼は、ある女性から死刑囚の再審請求を依頼されたのだ。その死刑囚こそ、ほかでもない浅利祐介の両親と祖父を殺害した犯人。祐介は、自分の肉親を手にかけた男の再審請求という難問に向き合うことに…。

事件に向き合うことで、次々と明らかになる衝撃の事実。それらは全て祐介自身に関わるものだった。そして導き出された答えは、“私はいったい何者なのだ”。

弁護士としての使命感、そして1人の男としての感情が揺れ動く祐介。迷いや葛藤、苦悩を乗り越え、踏み出した先に待つものは…?  家族、親子の愛とは…? 愛する者のために、何をなすべきか。成長した浅利祐介が最後にたどりつく場所とは――。

小杉健治による小説「父と子の旅路」をドラマ化する本作。滝沢さんが演じるのは、両親を惨殺されたことで法律家への道を選んだ弁護士・浅利祐介。実父母と祖父を殺害したとされる男の冤罪を晴らして欲しいという女性の出現に嫌悪感を感じるが、弁護士としての使命感から再審に向かい始める、というかつてない複雑なキャラクターに挑む。

また、一家三人を殺害した罪で死刑執行を待つ死刑囚・柳瀬光三、祐介に柳瀬の再審護人依頼をし、祐介に心惹かれていくようになる女性・河村礼菜、彼女の自由奔放な母・あかねなど、主要人物のキャスティングも気になるところだ。

■滝沢秀明、主人公と一緒に「成長していきたい」


「初めて演じる弁護士役という意味では新鮮ですし、チャレンジだと思います」と言葉に力を込める滝沢さん。「主人公・浅利祐介がある事件を弁護するということは、“与えられた使命”であり、すでに“運命として定められている”からこそ彼が乗り越えなくてはならない壁でもあります。弁護士という肩書きはあっても、ひとりの人間としてどう事件に向き合っていくかがとても重要だと感じました。祐介は弁護することによって、いろいろと苦悩しながら成長していく人物だと思いますので、僕も一緒になって成長していきたいです」と語る。

今回、主題歌もソロで担当することについても「ドラマは作品の力もさることながら、音楽の力というのも大切」と語り、「放送が終わっても、視聴者の方々がこのドラマの名場面が浮かぶような、そんな主題歌にしていきたい」と意気込みをコメント。「視聴者の皆さんには、僕らと一緒にドラマの世界観に入っていただき、是非、このドラマの1話、1話で起きる出来事を、一緒になって考えて感じて、苦悩していただけたら嬉しい」と期待を込めている。

さらにプロデューサー・西本淳一氏は、青年から大人へと大きく変貌する主人公について「そんな変化を画面で感じさせてくれる俳優は…30代の若さと大人の男の片りんを持ち合わせた人…知名度やスター性…いきついた結果が、滝沢秀明さんです」とコメント。

「今回の役は、とても難しい役です。頭の中で理解していても、表現するにはテクニックだけでは通用しない部分がたくさんあります。自らのアイデンティティを見失う、という体験は、誰にでもおきることではないですし、そこに直面したときの苦悩や迷い、苦しみや葛藤など、全身を使って心の奥底から魂の震えるようなお芝居を期待します」と、抗うことのできない運命に翻弄されていく主人公を務める滝沢さんに、期待を寄せている。

「家族の旅路~家族を殺された男と殺した男~」は2018年2月3日(土)より毎週土曜23時40分~東海テレビ・フジテレビ系にて放送(全8話予定)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top