“いつでも末っ子”だった知英、弟役・西銘駿が「本当にかわいくて」

オトナの土ドラ第11弾として12月2日(土)より東海テレビ・フジテレビ系にて放送が始まる「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」の制作発表会見が29日、都内にて開催され、主演の知英、共演の竹中直人、西銘駿が出席。知英さんが西銘さんとの共演の様子を明かした。

最新ニュース レポート
知英、西銘駿/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 知英、西銘駿/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 西銘駿、知英、竹中直人/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 西銘駿、知英、竹中直人/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 西銘駿、知英、竹中直人/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 西銘駿、知英、竹中直人/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 知英/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 知英/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
  • 知英/オトナの土ドラ「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」制作発表会見
オトナの土ドラ第11弾として12月2日(土)より東海テレビ・フジテレビ系にて放送が始まる「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」の制作発表会見が29日、都内にて開催され、主演の知英、共演の竹中直人、西銘駿が出席。知英さんが西銘さんとの共演の様子を明かした。

BBCドラマの日本初のオフィシャルリメイクとなる同作は、孤独を抱えたシングルマザー・青山沙羅が線路への飛び込み自殺を目の当たりにし、自殺した女のカバンを持ち去ったことで人生が予想不可能な方向に転がり始める物語。知英さんが沙羅をはじめ7役に挑戦する。

連続ドラマ初主演の知英さんは、オファーを受けた際の様子を、「私にできるのかな、といいますか、『何で私なのですか?』という質問をしました」と明かすも、原作の面白さに魅了され、「たいへんだろうけど、がんばってやってみたいなと思いました」とふり返った。

1人7役については、「1人の自分が演じるのですが、7人がみんなそれぞれ別人に見えなければいけないので、演じ分けることが大変です。CGのシーンがすごく多くて、たまには相手がいなかったり、自分ではない相手だったりしますので、そういうところで苦労をしています」と明かした。

また、知英さんは「7役の中で子どもを持っている役が2人いるのですが、お母さん役は初めてで、しかもシングルマザーということもあります。なので、お母さん役がちゃんとできるのかなと不安でもありました」と母親役にも初挑戦していることを告げた。「でも、実際にやってみて、子どもがすごく好きで、楽しかったし、癒されました」とにっこり。

沙羅の義理の弟役を演じる西銘さんは、「義理の弟ということで、役でも、プライベートでも(知英さんを)支えていけたらなと思っています」とあいさつ。知英さんとの共演については、「本当に嬉しいです。現場ではお芝居のアドバイスをたくさんくださります。1人で何役もされていて、最初は本当に圧倒されました。お姉ちゃんとしても、女優としても本当に尊敬しています」と目を輝かせた。

23歳の知英さんは、19歳の西銘さんとは今回が初共演。知英さんは、西銘さんについて、「弟の役なのですが、本当にかわいくて。こういったら失礼かもしれないのですが、本当に弟みたいな感じで。年下の人がすごく苦手なのですが、すごく親しくできます、なぜか」と笑顔を弾けさせた。

さらに知英さんは、「共演するまでは(西銘さんのことを)あまり知らなかったので、色々なお話をしています。『KARAの曲を聞いたよ』という話もしました」と交流の様子を明かした。「弟ができた気分はどうですか?」と質問されると、知英さんは、「すごく嬉しいです。グループ(=KARA)のときも末っ子だったし、(実際の)姉妹の中でも末っ子だし、どこに行ってもまだ若いので末っ子だったのですが、こうやって年を重ねていったら、もちろん役ではあるのですが、弟もできていくのかなと思いました」としみじみと心境を言葉にした。

オトナの土ドラ第11弾「オーファン・ブラック~ 七つの遺伝子~」は12月2日(土)より毎週土曜日23時40分~東海テレビ・フジテレビ系にて放送。
《竹内みちまろ》

特集

関連記事

特集

page top