セレーナ・ゴメス、ザ・ウィークエンドとの破局は「本当に驚くべき経験」

最新ニュース

セレーナ・ゴメス&ザ・ウィークエンド-(C)Getty Images
  • セレーナ・ゴメス&ザ・ウィークエンド-(C)Getty Images
  • セレーナ・ゴメス&ザ・ウィークエンド-(C)Getty Images
  • セレーナ・ゴメス&ジャスティン・ビーバー-(C) Getty Images
  • ザ・ウィークエンド&セレーナ・ゴメス-(C)Getty Images
  • ザ・ウィークエンド&セレーナ・ゴメス-(C)Getty Images
  • ザ・ウィークエンド&セレーナ・ゴメス-(C)Getty Images
セレーナ・ゴメスが、ザ・ウィークエンドとの破局について「Billboard」誌に語った。「私が誇りに思えることは、(ザ・ウィークエンドと)こんなにも本物って感じられる友情を築けたことね」とセレーナ。「人生で、こんなことは一度もなかった。私たちは親友としてお互いを励まし合い、思いやりながら別れに至ったの。本当に驚くべき経験だったわ」と友好的な別れを強調した。

ザ・ウィークエンドとの破局と同時期に元カレのジャスティン・ビーバーと再び会い始めたことについては、「私ももう25歳。18歳でも、19歳でも、20歳でもない。私の人生に大きな影響を与えてくれた人は大切にしたいと思っているの」と自分が成長して大人になったことを理由の1つとして挙げた。

セレーナは同誌に、夏に受けた腎臓移植手術にも言及。若き女優・アーティスととして身体に残った傷跡が「最初はすごくつらかった」という。「鏡に写る裸の自分を見て、『どうして?』って思ったのを覚えてる」。しかし、時間の経過とともに考え方も変わり、「いま自分の身体を見ても、そこには人生しか見えない。レーザー手術やクリームなど、(傷跡を消す方法は)限りなくたくさんあるけど、それも考えてないわ。あ、でももちろん、整形が悪いと言ってるわけじゃないけどね!」と明るく語った。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top