『パシフィック・リム』新作、東京コミコンに上陸!KAIJU襲来で東京は壊滅か?

待望のシリーズ最新作にして、現在完成に向けた仕上げ作業まっただ中にある『パシフィック・リム:アップライジング』の世界初解禁映像が12月3日(日)、「東京コミコン2017」開催中の千葉県・幕張メッセホールで上映され、駆け付けたファンを熱狂させた。

最新ニュース
スティーヴン・S・デナイト監督&菊地凛子/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督&菊地凛子/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督&菊地凛子/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督/東京コミコン2017
  • 菊地凛子/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督/東京コミコン2017
  • スティーヴン・S・デナイト監督&菊地凛子/東京コミコン2017
待望のシリーズ最新作にして、現在完成に向けた仕上げ作業まっただ中にある『パシフィック・リム:アップライジング』の世界初解禁映像が12月3日(日)、「東京コミコン2017」開催中の千葉県・幕張メッセホールで上映され、駆け付けたファンを熱狂させた。

ギレルモ・デル・トロも認める後継者が初来日!



全世界が注目する“初出し”映像解禁の場には、本作のメガホンをとり、シリーズの生みの親であるギレルモ・デル・トロ監督も後継者と認める俊英、スティーヴン・S・デナイト監督が登場! 今回が初来日で「モシモシ、トーキョー! ここに居られるのが光栄だし、何より『パシフィック・リム』の新作と一緒に日本に来られて、最高の気分だよ」と“日本愛”を爆発させた。

新作で「東京は壊滅すると思う」と不気味な予言


前作から約10年後を舞台に、人類存亡の戦いを再び描く『パシフィック・リム:アップライジング』。上映された映像には、進化を遂げたKAIJUが東京を含めた世界の大都市をギッタギタに破壊するシーンが含まれており、デナイト監督も「きっと東京は壊滅すると思う」と不気味な予言。


もともと「ウルトラマン」「マグマ大使」「ジャイアントロボ」、さらに『ゴジラ』シリーズといった日本のアニメ、特撮の大ファンだといい「だからこそ、東京の破壊は欠かせない要素なんだ。東京に暮らす人々にとっては、悪夢だろうけどね」とニヤリ。映像に対するファンのリアクションも上々で「撮影中は1秒1秒、夢を実現させている気分だった。来年、完成した作品を携えて、必ず日本に戻って来る。約束するよ!」と誓った。

森マコ役で続投する菊地凛子「新たな成長を見せられるように」



この日は、前作で人類のために決死の戦いに挑んだ森マコを演じ、本作にも続投する女優の菊地凛子も登場し、一緒に映像を鑑賞。「私も今日初めて観ました。前作ファンが好きな要素すべてを盛り込み、さらにKAIJUもメカも進化している。いちファンとして楽しみ」と期待を寄せ、役柄ついては「前作から10年後という設定なので、新たな成長を見せられるように意識した」と語った。

主演はSW新3部作のジョン・ボイエガ!新田真剣佑も参戦


『パシフィック・リム:アップライジング』  (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす! そんな待望のシリーズ新作には、『スター・ウォーズ』新3部作への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演に迎え、菊地さんやKAIJUオタクのニュートン博士を演じるチャーリー・デイらが続投。新キャストとしてスコット・イーストウッド、新田真剣佑らも名を連ねている。

『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top