菊地凛子「戻ってこられて光栄」『パシフィック・リム』続編、日本先行で特別映像公開

日本の“怪獣”をはじめとするポップカルチャーから多大な影響を受けて誕生したアクション超大作『パシフィック・リム』。その熱狂から5年、待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』より、全世界に先駆け

映画
『パシフィック・リム:アップライジング』  (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』  (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』  (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』  (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』  (C)Legendary Pictures/Universal Pictures.
  • 菊地凛子-(C) Getty Images
日本の“怪獣”をはじめとするポップカルチャーから多大な影響を受けて誕生したアクション超大作『パシフィック・リム』。その熱狂から5年、待望の続編となる『パシフィック・リム:アップライジング』より、全世界に先駆けた激レア映像が昨日の「東京コミコン2017」にてお披露目された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で、日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにしたギレルモ・デル・トロ監督が、今回は製作として参加。新キャストとして、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上ったジョン・ボイエガを主演に、スコット・イーストウッドや新田真剣佑も名を連ねている。

そしてこのたび、前作からの続投となる森マコ役の菊地凛子と、本作でメガホンをとった初来日となるスティーヴン・S・デナイト監督が、昨日12月3日(日)に「東京コミコン2017」のゲストとしてステージに登壇! ファンが沸き立つ一大イベントの場で、約2分30秒に及ぶ日本先行の特別映像が公開された。


いままさに絶賛制作中であり、日本の特撮・ロボットアニメが好き過ぎるデナイト監督による「小さいころから、日本の巨大特撮モノを観ていて大好きなんだ! ウルトラマン、マグマ大使、ゴジラとかね! アップライジング(奮起)したイェーガーに本当に興奮している!」と日本愛にあふれた熱いコメントが放たれるのを皮切りに、人型巨大兵器“イェーガー”のコックピット内部の様子や、主演のジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、日本から参戦を果たす新田真剣佑らの熱い表情や、現場の熱気が伝わってきそうな大迫力のアクション撮影などが惜しげもなく披露されていく本映像。

なかでも、前作で森マコというキーキャラクターを演じ、本作にも続投する菊地さんは、「この“森マコ”というキャラクターをずっと、また演じたいと思っていたので、こうして戻って来れてすごく光栄です。前作同様、戦闘シーンが大変魅力的な作品です!」と語っており、市街地での迫力あるイェーガーvs KAIJUの対決シーンと共に本作の魅力をアピール。

こうした大迫力のアクションシーンや、そのメイキング映像に加え、見逃せないのが、映像終盤に一瞬映る、イェーガーを相手に胸から強力なビームを放出している黒いイェーガーの存在。迫りくるKAIJUを打ち倒すために作られたはずのイェーガー同士がなぜ戦わなければならないのか!? 予想を超える興奮必至の展開が待ち受けていることが伺える映像となっている。

『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年4月、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top