間宮祥太朗、爽やか&眩しい笑顔!「底知れない魅力」と監督称賛『不能犯』

松坂桃李が不気味なダークヒーローを演じ、沢尻エリカと死闘を繰り広げる新型スリラー・エンターテインメント『不能犯』。このほど、初主演作『全員死刑』ではぶっ飛んだ演技を見せた間宮祥太朗の

映画
間宮祥太朗/『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 間宮祥太朗/『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 間宮祥太朗/『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 沢尻エリカ/『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 新田真剣佑『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
  • 『不能犯』本ポスター(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
松坂桃李が不気味なダークヒーローを演じ、沢尻エリカと死闘を繰り広げる新型スリラー・エンターテインメント『不能犯』。このほど、初主演作『全員死刑』ではぶっ飛んだ演技を見せた間宮祥太朗の、料理人姿の笑顔も眩しい場面写真がシネマカフェに到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

『高台家の人々』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』『帝一の國』など人気コミックの実写映画化で、個性豊かなキャラクターを見事に演じ分け、その存在感と演技力で高く評価されている間宮さん。その演技の振り幅には定評があるが、何と言っても先日公開された衝撃作『全員死刑』での熱演が記憶に新しい。

そんな間宮さんが本作で演じるのは、少年院から出所し調理人として働く元不良少年・川端タケル。調理服を身にまとい、爽やかな笑顔を見せるその姿は、これまでのどの作品とも異なる魅力にあふれている。いままで数々の名優と組んできた白石晃士監督も、その変幻自在の演技に対し「男性陣では間宮祥太朗くんは、新田真剣佑くん同様まだまだ底知れない魅力があるなと感じました」と称賛のコメントを寄せるほど。

今回の場面写真は、嘘と曲がったことが大嫌いで、口は悪いが部下や改心した前科者の面倒見がよく、人望厚い姐御肌の“デキる”刑事、多田(沢尻さん)が自ら更生させたタケルの店を訪ねているシーン。2年前に少年院から出所して以来、多田が紹介した店で働き、以前はよく多田の勤める警察署にも出前に来ていたが、いまではその店で調理場を任せられるほどになったようだ。多田のお陰で現在の自分があるというタケルだが、彼が多田に向けるその表情からは、恩人としてだけではない、何か特別な感情を抱いているのでは!? と勘ぐってしまう。

間宮祥太朗/『不能犯』(C)宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会
また、もう一方の写真では、TVから流れる公園で起こったある爆発事件のニュースに、憤りを覚える多田と、それを鋭い視線で見つめるタケルの姿が。果たして、多田は爆発事件の犯人を捕まえることができるのか? もしや、この2人が何かしら事件に関わっていくのかも…!?

松坂さん、沢尻さん、新田さん、そして間宮さんに加え、真野恵里菜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍という個性あふれる実力派のキャストたちが、それぞれのエピソードで強烈な存在感を放っている『不能犯』。公開に向け期待は高まるばかりだが、まずは、妬みや嫉妬、人間の闇を描く本作の清涼剤ともいえる間宮さんの爽やかな場面写真を堪能してみて。

『不能犯』は2018年2月1日(木)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top