『ドラゴンボール劇場版』20作目が始動! テーマはあの“サイヤ人”!?

日本のみならず世界中で人気を博す「ドラゴンボール」の劇場版、その記念すべき第20作品目となる新作映画の製作が決定し、来年12月に公開されることが本日12月16日(土)より開催中の「ジャンプフェスタ2018」にて発表された。

映画
『ドラゴンボール劇場版20作記念企画(仮)』(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション (C)東映・集英社・東映アニメーション (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
  • 『ドラゴンボール劇場版20作記念企画(仮)』(C)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション (C)東映・集英社・東映アニメーション (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2013 ドラゴンボールZ」製作委員会 (C)「2015 ドラゴンボールZ」製作委員会
日本のみならず世界中で人気を博す「ドラゴンボール」の劇場版、その記念すべき第20作品目となる新作映画の製作が決定し、来年12月に公開されることが本日12月16日(土)より開催中の「ジャンプフェスタ2018」にて発表された。

1986年、「東映まんがまつり」として上映されたことから始まる『ドラゴンボール』劇場版シリーズ。以降、クウラ、ブロリー、ボージャック、ジャネンバなど、いまも愛されるキャラクターが誕生し、2013年には17年ぶりとなる劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』が公開され、2015年には『ドラゴンボールZ 復活の「F」』と世界観を広げ、現在放送中のTVアニメ「ドラゴンボール超」に至っている。

「もっと強いキャラクターを」「もっと面白い物語を」と追及し続けてきた本作が、ついに20作目のメモリアルを迎える本作。 気になるそのテーマは、“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”! 『神と神』以降、超サイヤ人ゴッド、ブルーといった新たな進化を遂げてきた悟空たちサイヤ人、そしてそれに負けじと様々な宇宙の強戦士が登場してきた中で、改めて“宇宙最強の戦闘民族・サイヤ人”の存在、悟空たちの強さの「原点」を描く。

現在、鋭意製作中だという最新作。前作に引き続き、今回も原作者の鳥山明氏が原作・脚本・キャラクターデザインを担当するそうで、すでにこれまでにないほどのイメージイラストが上がっているという。

『ドラゴンボール劇場版20作記念企画(仮)』は2018年12月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top