来日中のウィル・スミス、記者席に“乱入”!? さらにスタッフのお手伝いまで

最新ニュース

ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ノオミ・ラパス&ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ノオミ・ラパス&ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
  • ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
米俳優のウィル・スミスが12月20日(水)、都内で行われたNetflixオリジナル映画『ブライト』の来日記者会見に出席。質疑応答中、記者席に“乱入”したり、会見終了後にはテーブルや椅子の撤収を手伝ったりと、持ち前のサービス精神を発揮した。

■「質問は? 僕のマイクを貸してあげるよ」(ウィル・スミス)



ノオミ・ラパス&ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見ノオミ&ジョエルと登場したウィル・スミス
会見が始まり、男性記者が指名されると、ウィルは「質問は何だい? 僕のマイクを貸してあげるよ」とステージから降壇し、自分のマイクを手渡し。そのまま、記者の質問が終わるまで、記者席に留まった。まさかの展開に、当の記者も「心臓が飛び出そう」と緊張&感激していた。

また、会見が終わり、会場のスタッフが壇上のテーブルや椅子の撤収を始めると、ウィルも率先して“お手伝い”。スタッフも止めるに止められず、ウィルの厚意を受け入れた。

ウィル・スミス/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見片づけも率先してお手伝い!

■大スターのウィル・スミスが、Netflix映画に見出した価値とは?


人間とさまざまな種族が共存している“もう一つのロサンゼルス”を舞台にしたアクション超大作。人間と怪物オークの警官コンビが、地球の命運をかけた大バトルに巻き込まれる異色のバディー映画だ。

「一般的な映画スタジオで、製作費1億ドル規模の作品を作ろうとすると、クリエイティブな面でいろんな制約が生まれるんだ。『PG-13にしろ』とかね。でも、Netflixは内容について口出ししたりし、規模が縮小されることもない。いろんなことにチャレンジすることが俳優生命にとっても大切だしね。映画館で映画を観るのと同じような興奮と感動を味わえるかは、未知数だと思う」(ウィル)

ノオミ・ラパス&ウィル・スミス&ジョエル・エドガートン/Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見ウィル「Netflix映画はいろんなことにチャレンジできる」

■デヴィッド・エアー監督『スーサイド・スクワッド』について釈明


会見にはウィルをはじめ、共演するジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパス、デヴィッド・エアー監督、プロデューサーのエリック・ニューマンとブライアン・アンケレスが出席した。

ウィル演じるウォードの相棒で、オークの警官ジャコビーを演じたジョエルは「オークは社会的な地位が低くて、みんなに虐げられている。もちろん、本人が望んだことじゃないし、種族の違いを超えて、個人の良さを分かってほしいと願うキャラクターなんだ」。一方、上流階級に属するエルフを演じるノオミは「アクションは大好きだけど、大変だった。人間役なら、ミスを活かすこともできるけど、エルフは完ぺきで決して失敗しないから…」と苦労をふり返った。

Netflixオリジナル映画『ブライト』来日記者会見
エアー監督は賛否両論巻き起こった『スーサイド・スクワッド』で、ウィルとタッグを組んでおり「あの作品については、責任も感じているし、多くのことを学ぶ機会になった」と釈明。「その経験を『ブライト』に応用できたし、最高の環境で映画が撮れた。力強いメッセージを感じてもらえれば」とアピールしていた。

Netflixオリジナル映画『ブライト』は12月22日(金)より「Netflix」にて全世界同時オンラインストリーミング開始。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top