初代『ゴジラ』から『君の名は。』まで!日劇“さよなら”上映開催決定

最新ニュース

現在は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を上映中の「TOHOシネマズ 日劇」が、2018年2月4日(日)をもって閉館することに合わせ、日本と世界の映画史を飾った作品を選りすぐり、「さよなら日劇ラストショウ」と題した特別上映イベントが開催されることになった。

TOHOシネマズ株式会社の運営する「TOHOシネマズ 日劇」は、1933年に「日本劇場」としてオープンし、1981年2月に閉館。その後、有楽町センタービルの開業とともに、1984年「日本劇場」「日劇東宝」「日劇プラザ」の3館の劇場として再オープンして以来、2009年に「TOHOシネマズ 日劇」と館名を変えながら85年間の長きにわたり、日本屈指の劇場として親しまれてきた。

そして今回、「さよなら日劇ラストショウ」の開催が決定。過去に“日劇”で上映した作品のうち、すでに日本での上映権が消失している作品や、上映素材自体が存在していない作品が多く、すべてを網羅することは叶わなかったものの、現在も続くヒットシリーズの原点となる作品を中心に、新旧の名作を上映する。

主な上映作品は、『ゴジラ』(1954)、『七人の侍』『世界の中心で、愛をさけぶ』『シン・ゴジラ』『トップガン』『タイタニック』『アバター3D』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『アナと雪の女王』『君の名は。』『もののけ姫』など。

なお、《トイ・ストーリーナイト》《バック・トゥ・ザ・フューチャーナイト》《メカゴジラナイト》として、シリーズ一挙上映のオールナイトイベントも行う。

“日劇”にたくさんの想い出がある人も、近年通い始めたという人も、由緒ある映画館のラストを記憶に留める9日間となりそう。上映スケジュールは、2018年1月16日(火)にTOHOシネマズ 日劇のホームページにて掲出される。

「さよなら日劇ラストショウ」は2018年1月27日(土)~2月4日(日)まで開催(閉館日:2月4日)。

新劇場「TOHOシネマズ 日比谷」は2018年3月29日(木)開業予定。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top