山田杏奈×清水尋也共演、トラウマ・サスペンス『ミスミソウ』実写化

漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック「ミスミソウ完全版」が、実写映画『ミスミソウ』として4月7日(土)より公開。この度、本作の特報映像が公開された。

映画
『ミスミソウ』(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会
  • 『ミスミソウ』(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会
  • 『ミスミソウ』(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会
  • 『ミスミソウ』(C)押切蓮介/双葉社 (C)2017「ミスミソウ」製作委員会
  • 山田杏奈
  • 清水尋也
  • 野咲春花
  • 相場晄
  • 原作者・押切蓮介
漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われた伝説のコミック「ミスミソウ完全版」が、実写映画『ミスミソウ』として4月7日(土)より公開。この度、本作の特報映像が公開された。

■あらすじ


東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そしてある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する──。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか。春花が選んだ道とは…。

フレッシュな俳優陣&話題のスタッフが集結


原作は、「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる漫画家・押切氏の、ファンの間でも1、2を争う人気作であり、ネット上のトラウマ漫画系まとめサイト、掲示板などでは必ず名前が挙がるほど認知度の高い作品。そんな衝撃作を、『パズル』『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮が監督を務め、脚本は女優・監督・脚本家とマルチに活動する唯野未歩子が担当し映画化する。

東京からの転校生で壮絶なイジメを受ける主人公・野咲春花を演じるのは、「咲-Saki-」『あゝ、荒野』などに出演し、本作が初主演となる山田杏奈。また、春花を密かに支えている唯一の味方・相場晄を、『渇き。』『ソロモンの偽証前編/後編』『ちはやふる上の旬/下の旬』など話題作に立て続け出演している清水尋也。そのほか、大塚れな、中田青渚、紺野彩夏、櫻愛里紗、遠藤健慎、大友一生、遠藤真人ら若き才能が集結した。

このほど公開された特報映像は、雪降る中、次から次へと登場人物が登場。血まみれのキャストや、銃を構える学生、包丁を片手に襲い掛かる姿など、あっとされるほどのトラウマシーンが細々と映し出される。


また、主題歌は、あらゆる場所を自分の足で歩きまわり、年間100本以上のライブを行い、人と街と、そこにある歴史や文化と出会いながら、独自のスタイルでその表現を鍛錬してきたタテタカコの「道程」に決定。残酷で絶望的な物語が展開する一方で、どうしても先を読まずにはいられない中毒性を持つ本作と、切なくも優しく包み込むタテタカコさんの歌声が見事に融合した映像となっている。

<キャスト&スタッフコメント>


■山田杏奈:清水くんはお芝居に対しての姿勢がいつも真剣で見習わせていただくことがたくさんありました。現場でも面白い話をしてくださってキャストみんなで盛り上がることがありながらも、視野を広く持っている方でした。そのおかげでやりやすい雰囲気になってる場面が多々あって相場役が清水くんでよかったと何度も思いました。特報映像を見ると撮影のときの雪の冷たさを思い出します。一面の雪の中に飛ぶ血は残酷だけどとても綺麗な画だなと思いました。スクリーンだとより一層伝わるものがあると思います。ぜひ劇場でご覧ください!

■清水尋也:相場晄役を演じました、清水尋也です。こうして皆さんにご報告出来る日を迎えられ幸せに思います。この作品には暴血から的且つグロテスクな表現が多く含まれていますが、そこに垣間見える切なさや儚さが、1番の魅力だと僕は思っています。全ての根底にあるモノは「愛情」です。それぞれの抱く愛情が次第に歪んでいってしまう様を、繊細に表現していきたいと思いながら臨みました。内藤さんをはじめ、スタッフキャスト全員と精一杯作り上げた作品です。ぜひ劇場でご覧下さい。

■内藤瑛亮監督:押切先生の原作を初めて読んだとき、僕は懐かしさを覚えました。スマホがない時代に娯楽なんて何もないクソ田舎へ産み落とされた少年少女の痛ましい青春は、自分自身の10代とも通じるところがありました。映画化にあたり、凄惨な暴力の奥にある切実な感情を映し出そうとしました。そしてオーディションで選ばれた10代の俳優たちは、降り積もった雪のうえで血塗れになりながら、皆忘れがたい表情を見せてくれました。僕にとって代表作と呼べる作品に仕上がったと自負しています。

■押切蓮介(原作者):雪が残る山奥は凍えるような寒さで、撮影見学にその場へ到着した10分後に自分は体調を崩しました。そんな厳しい撮影現場の中でキャストさんやスタッフさんたちが撮影に挑んでいるのです。ろくに撮影現場に立ちあわず、ほとんどノータッチだった自分がここでコメントをすることにおこがましさすら感じます。零号試写を見てそれだけ鬼気迫るものをこの映画に感じたからです。この映画に携わった方々に敬意を表します。

『ミスミソウ』は2018年4月7日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top