木村拓哉が迫力満点のアクション披露!今後の見どころは「メンバーたちのアクション」 「BG」

木村拓哉が、ボディーガード役に初挑戦し、江口洋介、斎藤工、間宮祥太朗ら豪華俳優陣が出演している木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」

最新ニュース スクープ
「BG~身辺警護人~」
  • 「BG~身辺警護人~」
木村拓哉がボディーガード役に初挑戦し、江口洋介、斎藤工、間宮祥太朗ら豪華俳優陣が出演している木曜ドラマ「BG~身辺警護人~」。本作では、毎週本格的なアクションにも挑んでいる木村さんが、2月1日(木)放送の第3話では、高さ50m超の橋の上で決死のアクションを披露しているそうで、そんなシーンに挑戦した木村さんからコメントが到着した。

警視庁警備課のSPと違い、ボディーガードの特性は殺傷能力の高い武器の携帯は許可されていないということ。たとえ危険な現場であろうとも、丸腰で依頼人を護ることが義務付けられているのだ。本作では、そんな“究極のサービス業”ボディーガードたちの熱く、泥臭い戦いの日々を濃密に描いていく。

本作の見どころのひとつとなっているのが、木村さんが毎回見せるアクション。すでに放送された第1話では、勝地涼との格闘シーンも話題になった。そして第3話では、普段は武器を持たない章(木村さん)たちだが、今回は“現金一億円を輸送する”という設定上、自身と一億円の入った鞄との繋ぐための長い鎖が付いた手錠を携帯。その手錠をうまく利用し、襲い掛かってくる男たちにひとり立ち向かう、という迫力満点のシーンが撮影された。橋の高さは50m、下には渓谷。一歩でも間違えば危険がともなうアクションシーンのため、入念に準備を行った木村さん。この橋のシーンでは、格闘するだけでなく50mという高さを最大限活かして、さらにすごいことが起こるのだとか。

またこの撮影後、疲れた様子もなく笑顔を見せた木村さん。「とても激しいシーンでしたが、特別難しいということはなく、スタントコーディネートの方に指導していただきながら、その型を身体に覚えさせていった感じです」と今回のシーンについて話し、「この先も激しいアクションシーンは毎回出てくると思いますが、僕だけでなく、身辺警護課のメンバーたちのアクションにも期待していただきたいです。僕も楽しみにしているんですよ、みんな激しいトレーニングをしてきているので(笑)」と今後の見どころについても告白。

第1話がオンエア直後だったこともあり、周囲での反響を尋ねるも、「実は今日はものすごい早朝からこの現場に来てしまっていたので、まだ見てくださった方々の反応などを聞けていないんです。しかも、ここ携帯が圏外で…(笑)なので、撮影が終わって、下山しながら届いたメッセージを受信して、じっくり反応を確かめたいと思います(笑)」と笑顔を見せていた。

「BG~身辺警護人~」は毎週木曜日21時~テレビ朝日系にて放送。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top