錦戸亮「心の扉をノックするような映画」…元殺人犯に翻弄される『羊の木』TVスポット解禁

映画

『羊の木』(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社
  • 『羊の木』(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社
  • 『羊の木』完成披露試写会
  • (C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社
  • (C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ いがらしみきお/講談社
主演に錦戸亮(「関ジャニ∞」)を迎え、木村文乃、北村一輝、松田龍平ら豪華キャストが出演する心揺さぶる衝撃と希望のヒューマン・サスペンス『羊の木』。元受刑者の男女6人を受け入れたことをきっかけに、町の日常が変化していく様を描いた本作から、このほど2種類のTVスポットが解禁となった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

到着したのは、「衝撃の感動に震える」「待ち受けるのは、絶望か、希望か」と、それぞれキャッチコピーが添えられた【ドラマ編】【サスペンス編】2本のTVスポット。どちらも、錦戸さん演じる思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった市役所職員・月末一が不安な表情を浮かべ、翻弄されている様が垣間見える。

■TVスポット【ドラマ編】

■TVスポット【サスペンス編】

劇中では、月末が想いを寄せる木村さん演じる同級生や、松田さん、北村さん、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯が扮する個性的な元殺人犯たちの間での戸惑いや揺れを見事に表現している錦戸さん。

「様々な過去を抱えた登場人物たちの中で翻弄されていく月末を演じるのは、とても刺激的な体験でした」と話し、「これから日本では魚深市のような町が現実に増えていくかもしれません。正解がわからないまま“他者”を信じ、裏切られ、折り合いを付けなきゃいけない状況も出てくるような気がする。もしそれが自分だったら──? ご覧になった方の、そんな心の扉をノックしてくれる映画になっていると思います」とコメントしている。

『羊の木』は2月3日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top