「夢にまで監督が出てきた…」岩田剛典、初主演映画を完走し初体験を語る

最新ニュース

岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 岩田剛典&山本美月/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 山本美月/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 岩田剛典&山本美月/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 岩田剛典&山本美月&原作者の中村文則&瀧本智行監督/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
  • 瀧本智行監督/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
岩田剛典(EXILE/三代目 J Soul Brothers)が単独初主演を務める映画『去年の冬、きみと別れ』の完成披露試写会舞台挨拶が1月25日(水)、新宿ピカデリーにて行われ、岩田さん、共演の山本美月、瀧本智行監督、原作者の中村文則が登壇した。原作小説を読んで「まんまと騙されました!」と笑顔を見せた岩田さんは、中村さんより逆に、「観ながら、原作者を忘れて気持ちよく騙された」と返されると、「原作者の方にそう思っていただけて、映画で騙し返せてよかったです」とニヤリとし、極上の騙し合いを繰り広げていた。

『去年の冬、きみと別れ』は、予測不能の純愛サスペンス。愛する婚約者・百合子(山本さん)との結婚を控えた耶雲(岩田さん)が、かつて猟奇殺人事件の容疑者として、危険なうわさの絶えない天才カメラマン木原坂(斎藤工)の姿を暴くため、がむしゃらに取材を進め大勝負に出る。しかし、気づけば木原坂の魔の手が、百合子に及ぼうとしていた…。

「騙し合い」が話題にのぼるほど、観る者を見事に欺くできあがりとなった本作。岩田さんは作品に臨む上で相当苦労をしたようで、「撮影期間中は、暗く深く長いトンネルをずっと走っている気分でした。いつ出口が見つかるのかと、本当に暗中模索していて。監督が夢に出てくるくらい…それくらい役柄に没頭できた作品も今回が初めてです」と、瀧本監督が夢に出てくるほど、のめり込んだと明かす。

岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶

山本さんも「とにかく監督が細かくて! ある程度考えてお芝居をしても、細かく指先の動きまで全部言われるので、途中、嫌になったような(笑)」と、かなり心を砕いた現場だったことを伝えた。

山本美月/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶山本美月/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
この日は残念ながら欠席だったが、重要な鍵を握る役の斎藤さんの芝居の話になると、岩田さんは、「迫力満点でした。対面するシーンも多かったですし、斎藤さんの目の奥にある闇みたいなもの、すごく何度もゾッとする経験をしました。木原坂でいてくれたので、自分も役を演じる上ですごく助けていただきました」と、斎藤さんに感謝を告げた。「こんなに緊張する(舞台挨拶は)初めて」とずっと緊張していた様子の岩田さんだったが、最後には「観た方すべてが裏切られる予測不能サスペンスです。スクリーンの中で起こることから、目を離さずに楽しみください。精いっぱい演じた、魂を込めた作品です」と堂々と胸を張りアピールしていた。

岩田剛典&山本美月&原作者の中村文則&瀧本智行監督/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶岩田剛典&山本美月&原作者の中村文則&瀧本智行監督/『去年の冬、きみと別れ』完成披露試写会舞台挨拶
『去年の冬、きみと別れ』は3月10日(土)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top