“娼夫”松坂桃李を求める「今すぐしたいな…」『娼年』女性キャスト解禁

2016年の舞台と同様、松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化した『娼年』。このほど、松坂さん演じる“娼夫”リョウに客として出会い、欲望を解放していく女性たちの場面写真が公開された

映画
『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
2016年の舞台と同様、松坂桃李x三浦大輔のコンビで映画化した『娼年』。このほど、松坂さん演じる“娼夫”リョウに客として出会い、欲望を解放していく女性たちの場面写真が公開された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

劇中には、女性専用コールクラブ「Le Club Passion」のオーナー・御堂静香(真飛聖)がリョウに、「女性の欲望はあまりにも広くて、予測不能で圧倒されてしまう」と語るシーンがあるが、まさに年代もタイプも違う女性たちがそれぞれの欲望や想いを抱える客として登場。そんな女性たちと、彼女たちを受け入れるリョウとの人間ドラマが繰り広げられていく。


今回公開された場面写真にはその女性たち、白崎恵役の『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY - リミット・オブ・スリーピング ビューティ』の桜井ユキ、近年舞台で活躍するイツキ役の馬渕英里何、舞台・ドラマなど出演多数の主婦役の荻野友里に、映画『最低。』で主演を務めた紀子役の佐々木心音、映画『向こうの家』が控えるヒロミ役の大谷麻衣、老女役のベテラン女優・江波杏子の姿が。

また、本作では、こうした彼女たちとリョウの物語が展開するたびに東京の主要な都市が映し出されていくのも特徴的。その意図について三浦監督は、風景を描くことはできなかった舞台と比べ、映画ではそれが実現できることから「作品にリアリティを与える意味でも、東京のいろいろな街を切り取りたかった思いがありました。その効果も相まって、最終的には、現実と非現実がちょうど良いバランスで混在している作品になったと思っています」と語っている。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
新宿、表参道、池袋、渋谷、鶯谷、そして熱海と、街に溶け込みながら待ち合わせに向かうリョウと女性たち。そのときの彼らの心情にも思いを馳せながら風景も楽しんみて。

『娼年』は4月6日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top