夏木マリ、“犬”と書かれた帯&着物姿で登場!『犬ヶ島』 ベルリン国際映画祭

現地時間2月15日(木)に第68回ベルリン国際映画祭が開幕し、ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』が上映。レッドカーペットには、日本のボイスキャストを代表し「RADWIMPS」野田洋次郎と女優・夏木マリが登場した。

最新ニュース
『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
  • 『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
現地時間2月15日(木)に第68回ベルリン国際映画祭が開幕し、ウェス・アンダーソン監督最新作『犬ヶ島』が上映。レッドカーペットには、日本のボイスキャストを代表し「RADWIMPS」野田洋次郎と女優・夏木マリが登場した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

日本を舞台に、“犬インフルエンザ”の大流行によって犬ヶ島に隔離されてしまった愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険を、ストップモーション・アニメーションで描く本作。公式記者会見で、今作における日本のアニメーションとの関係について聞かれたアンダーソン監督は、黒澤明監督と宮崎駿監督から最も強く影響を受けていると言い、「『千と千尋の神隠し』で声優を務めた夏木マリさんが本作にも出ているくらいですからね。本作でも素晴らしい声を披露してくださいました」と夏木さんについて触れ、「ディテールと沈黙という点で、宮崎監督では自然があり、静寂があり、アメリカのアニメーション伝統には見られないリズムです。その点でとてもインスピレーションを受けました」とコメント。

『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
会見中は、ビル・マーレイがおとぼけ発言を連発し笑いを誘い、主人公を演じたランキン君が11歳のバースデーを迎えたことで皆で歌を歌ったり、終始笑いの絶えない、アットホームな雰囲気に包まれた。

『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
また、一面に敷かれた真っ赤なカーペットに粉雪が舞い、幻想的な雰囲気のなか行われたレッドカーペットでは、入口に日本を舞台として描く本作をイメージしてか和太鼓のアンサンブルが登場。そこへアンダーソン監督、ティルダ・スウィントン、ビル、ジェフ・ゴールドブラム、そしてシックな黒のタキシードを華麗に着こなした野田さん、漆黒色の留袖風の着物に筆で“犬”と書かれた帯を合わせたスタイルの夏木さんらが登場すると、会場からは悲鳴にも似た歓声が沸き起っていた。さらになんと、監督がビルを連れて和太鼓のアンサンブルに参戦する場面も! そんなレアなパフォーマンスに会場は大興奮。

『犬ヶ島』第68回ベルリン国際映画祭
そして本作の上映には、各国のジャーナリストたちがおしかけ、開場の1時間半以上前から長蛇の列が。満員御礼となった会場では、映画の冒頭から笑いが起こり、上映後はスクリーンへ向け大きな拍手が送られていた。

『犬ヶ島』は2018年5月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top