岩田剛典、北村一輝&斎藤工の賛辞にまごつく「ガンちゃん、むちゃくちゃ格好いい」

予測不能のサスペンス映画『去年の冬、きみと別れ』のジャパンプレミアが2月21日(水)、TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、出演する岩田剛典、山本美月、斎藤工らが登壇した…

最新ニュース
岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 岩田剛典&斎藤工/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 斎藤工/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 北村一輝/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 山本美月/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 浅見れいな/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 北村一輝&山本美月&岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
  • 北村一輝&山本美月&岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
予測不能のサスペンス映画『去年の冬、きみと別れ』のジャパンプレミアが2月21日(水)、TOKYO DOME CITY HALLにて行われ、出演する岩田剛典、山本美月、斎藤工らが登壇した。共演した北村一輝は、どうやら岩田さんにメロメロになったようで「ガンちゃん、むちゃくちゃ格好いいですから、楽しんでください!」と絶賛すると、照れた岩田さんが、マイクを手に取り何かを言い返そうとするも、あまりに不意打ちの褒め言葉に返す言葉が見当たらず…、にこやかにそのままマイクを下げていた。

さらに「この映画をもう一回演じるとしたら、どの役をやりたいですか?」と岩田さんから尋ねられると、北村さんは「女優陣だとなあ…ガンちゃんとキスできるからなあ…」とぼやき出し、「ガンちゃんのデートシーン、俺、憧れるなあ。あんなデートないよねえ」と思いを馳せると、斎藤さんにも「あれはちょっと理想ですね」とうなずかれ、まごまごする岩田さん。

北村一輝&山本美月&岩田剛典/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
『去年の冬、きみと別れ』は「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則による、ベストセラー小説の実写映画化。最愛の女性との結婚を控える記者・耶雲(岩田さん)が狙う大物は、1年前、世間を騒がせた猟奇殺人事件の容疑者=天才カメラマンの木原坂(斎藤さん)だった。真相に近づく耶雲だったが、木原坂の危険な罠は、婚約者・百合子(山本さん)に及び、愛する人を取り戻すためと、耶雲もずぶずぶと罠にはまっていく。

■北村一輝「男も女も好きなんですよ(笑)」


岩田さんはスクープを狙う記者役ということもあり、登壇した浅見れいなに「最近スクープしたり、されたことはありますか?」と聞いた。浅見さんは、「撮影中、北村さんとご一緒することがあって、本当にレディファーストなんです。エレベーターに一緒に乗ると、絶対女性陣を先に行かせてくれる!」と興奮気味に伝えた。すると、斎藤さんは「男性にもそうなんだよ」とバラし、北村さんが「男も女も好きなんですよ(笑)」と言い、岩田さんは「勉強になります、先輩!」と平身低頭していた。

北村一輝/『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
本作での岩田さんの演技について、瀧本智行監督は「岩田さんは新境地を自らの手で切り拓いた。ファンでもファンでなくても、きっと震えることになると思います」と手放しで賛辞をおくる。単独初主演ということもあり、並々ならぬ思いを抱えた様子の岩田さんは、最後に、「この映画の宣伝で騙されたとか、騙されるというコピーがありますが、僕は本質はそこではないと思っていて。サスペンスの真実を初めて知ったとき、人間の中の欲や愛情がテーマになっていると思っています」と思いを込めていた。

そのほか、ジャパンプレミアには、主題歌を務めたm-floが登場、パフォーマンスで観客を魅了した。

『去年の冬、きみと別れ』ジャパンプレミア
『去年の冬、きみと別れ』は3月10日(土)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top