新川優愛、看護学生役でドラマ初主演! 大人の青春物語「いつまでも白い羽根」

最新ニュース

「いつまでも白い羽根」キャスト
  • 「いつまでも白い羽根」キャスト
  • 新川優愛
  • 加藤雅也
作家・藤岡陽子のデビュー作「いつまでも白い羽根」が、4月7日(土)より“オトナの土ドラ”枠にてドラマ化されることが決定。また、主演にはドラマ初主演となる若手女優・新川優愛が抜擢された。

看護学校を舞台に描くヒロインの挫折、夢、恋、友情の物語――


大学入試に失敗し、すべりどめの看護学校に通うことになった主人公、木崎瑠美。看護師になりたいわけでもなく、むしろ、人付き合いの苦手な自分が看護師になれるわけがない。いつ辞めようか、もう一度国立大を受験しようかと迷いながらとりあえず実習に通う日々。でも、様々な世代の個性的な仲間との出会いや、初恋、そして命に限りのある患者たちとの向き合いの中で、瑠美は新しい自分に気付き、やがて看護師を目指していくことに。常に正しいと思ったことを率直に言わずにいられない瑠美は、時に周囲と溝を作ってしまうことも。でも、不器用ながらも誠実に、勇気と信念を持ちながら仲間たちと向き合っていくことで、一歩ずつ成長していく…。

ドラマ初主演! 新川優愛が看護学生に



新川優愛/「明日の約束」制作発表会見
主人公・木崎瑠美役を演じるのは、モデルであり、女優として「お義父さんと呼ばせて」「脳にスマホが埋められた!」などに出演、さらに昨年まで「王様のブランチ」でMCを務めるなどマルチに活動する新川優愛。新川さんは「原作を読み、今回演じさせていただく瑠美も、どこか人生が思い描いていたようにはいかなく、もがき、自分の在り方、存在価値を見つけ出そうとしている印象を受けました。そんな彼女の考え方や人との接し方、繊細な部分を丁寧に演じていけたらと思います」と意気込み。

伊藤沙莉&加藤雅也も出演!



「いつまでも白い羽根」キャスト
また主人公を取り巻くキャストも発表。瑠美と実習班が一緒になる不器用な山田千夏役に、「トランジットガールズ」『獣道』の伊藤沙莉。幼いときに病気で母を亡くしたことをきっかけに看護師を目指す千夏は、明るく気さくだが、自分の外見には自信がなく他人に対しては本当に思っていることは言えない性格。3年間誰よりも頑張って卒業を目指すも、卒業を目前にした最後の実習で事件が…。そして、瑠美たちが通う看護専門学校の校長先生・番匠光太郎役を、「アンフェア」シリーズや『テラフォーマーズ』『真田十勇士』の加藤雅也。実は12年前、患者を手術中のミスで死なせてしまった心臓外科医という役どころだ。

「お芝居と勉強を両立していくという経験をずっとしてみたいなと思っていました」と話す伊藤さん。「こんなにしっかりと知識を頭に入れることはいままでなかったので、今回の現場で沢山のものを吸収できる気がしていて、いまからとても楽しみです」と気合十分。

加藤雅也
加藤さんは「大人のための人間ドラマ制作を目指しているという放送枠なので、どんな大人のドラマに出会えるのか、また共演者も初めての方がほとんどなので新しい出会いにもわくわくしています」と撮影が楽しみだと語り、「私が演じる役は原作では最後に出てくる役ですが、今回は毎回出てくるという設定になっています。原作には書かれていないキャラクターの一面を表現できたらと思っています」とコメントしている。

「いつまでも白い羽根」は4月7日(土)~5月26日(土)、毎週土曜日23時40分~東海テレビ・フジテレビ系全国ネットにて放送予定(全8話)。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top