ディズニー、『スター・ウォーズ』TVドラマ化へ!『アイアンマン』監督が担当

2019年にストリーミングサービスに乗り出すディズニーが、『スター・ウォーズ』の実写版テレビドラマを製作するという。ウォルト・ディズニー・スタジオの傘下のルーカスフィルムが発表した。

最新ニュース ゴシップ
ストーム・トルーパー/『スター・ウォーズ』 -(C) Getty Images
  • ストーム・トルーパー/『スター・ウォーズ』 -(C) Getty Images
  • ジョン・ファヴロー監督-(C)Getty Images
  • 「スター・ウォーズ」 -(C) Getty Images
2019年にストリーミングサービスに乗り出すディズニーが、『スター・ウォーズ』の実写版テレビドラマを製作するという。ウォルト・ディズニー・スタジオの傘下のルーカスフィルムが発表した。

『アイアンマン』、『ジャングル・ブック』などを手掛けてきたジョン・ファヴロー監督が製作総指揮・脚本を担当する。ファヴロー監督は、TVアニメシリーズ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」に声優として、また今年公開の『ハン・ソロ/スター・ウォーズ』には俳優としての出演経験があり、『スター・ウォーズ』の世界観をよく知っている人物だ。ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は「ジョンは製作と脚本のパーフェクトなコンビネーションの才能の持ち主です。『スター・ウォーズ』の世界を雄弁に語ってくれることでしょう」とコメントを発表。

ファヴロー監督は「もし11歳の頃の僕に(将来)『スター・ウォーズ』の物語を作るようになるんだと言っても、信じなかっただろうね。心躍るような冒険に出るのが待ちきれないよ!」と喜びを語っている。

現在、ファヴロー監督はディズニーアニメの『ライオン・キング』の実写映画『The Lion King』(原題)を撮影中。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top