竹内結子&貫地谷しほりが美しい! 吉田ユニ×祐真朋樹によるポスター解禁「ミス・シャーロック」

シャーロック不変の圧巻の謎解きはそのままに、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを大胆不敵な新解釈で捉えた、全く新しい連続ミステリー・ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」。竹内結子と貫地谷しほり共演で贈る本

最新ニュース スクープ
「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(C)2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F
  • 「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(C)2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F
  • 「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(C)2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F
  • 「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(C)2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F
  • 竹内結子&貫地谷しほり/「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」
  • 貫地谷しほり/「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」
  • 竹内結子/「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」
シャーロック不変の圧巻の謎解きはそのままに、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンを大胆不敵な新解釈で捉えた、全く新しい連続ミステリー・ドラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」。竹内結子と貫地谷しほり共演で贈る本作から、この度日本を代表する一流スタッフが手掛けた“史上最も美しいポスタービジュアル”が公開された。

今回このポスタービジュアルを手掛けたのは、木村カエラや星野源などのCDジャケットを手掛け、毒気と“KAWAII”を兼ね備えた世界観が絶大な支持を集めるアートディレクター・吉田ユニ。本ポスター制作に関して、「女性2人がシャーロックとワトソンを演じるということで、ポスタービジュアルでは女性らしさを考慮しつつ、シャーロック・ホームズであることが伝わるものを入れたいと思いました」と吉田さん。シャーロックの世界共通イメージであるパイプをはじめとするアイコンや、物語の中で発生する事件性を「女性らしさの象徴である花」、その中でも可愛いだけではない美しさを象徴する赤い薔薇で表現。赤い薔薇の持ち味を存分に生かしながら、絶妙な配分で小物や死体に見立てて使用している。

「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(C)2018 HJ HOLDINGS, INC & HBO PACIFIC PARTNERS, V.O.F
また、本ポスターで目を引く竹内さんと貫地谷さんの衣装は、ファッション界の第一線で活躍するトップスタイリスト・祐真朋樹が担当。「UOMO」「GQ JAPAN」「Casa BRUTUS」「ENGINE」などのファッションページをディレクションするほか、数々の著名アーティストや文化人の広告スタイリングも手掛け、今回のドラマ本編では竹内さんの衣装のみを担当している祐真さん。ポスターでこだわったのは、「シャーロックと和都はふたりでひとつ」という解釈だそうで、「冷酷である種サイコパス的な一面もあるシャーロックに対し、それをケアするワトソン――ふたりの対比が出ればいいなと」と祐真さん。そして、竹内さんには“ピシッとしたメンズライクな黒の衣装”を、貫地谷さんには“フェミニンな一面が出る衣装”をセレクトした。

竹内さんは、「赤い薔薇で、謎解きや作品のテーマを描いていると伺って、素敵だなとワクワクしました。女性同士のコンビネーションが全面に出ればいいなと思います」と話し、衣装に関しても「ダメ元でスタイリングをお願いしたときから、祐真さんが考えるシャーロック像を楽しみにしていたんです。実際、用意していただいたファッションが新鮮で! 袖を通すのが楽しみでした」とコメント。

竹内結子/「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」
一方、貫地谷さんは「本編の撮影ではいつも動いているので、止まっているところを撮られることに照れがありました」とポスター撮影をふり返り、「薔薇の茎の上部がきれいに曲がっていたので不思議に思い、吉田さんに方法を尋ねたら『ゆっくりと手で曲げていった』と。これぞ職人技だな、とビックリしました。祐真さんもすごくおしゃれな衣装を持ってきてくださって、見た瞬間に撮影が楽しみになりました」と話している。

貫地谷しほり/「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」
「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」は4月27日より毎週金曜日1話ずつHuluにて独占配信、世界19か国HBOアジアにて放送(全8話)。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top