マイリー・サイラス、ジャマイカ人歌手に訴えられる「成功は俺のおかげ!」

最新ニュース

マイリー・サイラス-(C)Getty Images
  • マイリー・サイラス-(C)Getty Images
  • マイリー・サイラス-(C)Getty Images
  • マイリー・サイラス-(C)Getty Images
ジャマイカ人歌手フローガンが、マイリー・サイラスのアルバム「Bangerz」(2013)に収録、シングルカットもされた「We Can't Stop」が自身の曲に“似ている”として訴えを起こしている。「ロイター」などが報じた。

フローガン(本名:マイケル・メイ)は1970年にジャマイカで生まれ、80年代に活躍したレゲエ歌手。彼の訴えは、1988年に発売し、母国ジャマイカで大ヒットを記録したというシングル「We Run Things」にマイリーの曲が似すぎているというものだ。

例えば、彼の曲の歌詞に“We run things. Things no run we.”というのものがあるが、マイリーの曲では“We run things. Things don’t run we.”でほぼ同じである、など。ただし、フローガンははっきりと「盗作」とは言っておらず、盗作で訴えてもいない。マイリーの曲が「チャート入りするくらいの人気が出て、売り上げを稼いで成功できたのは、フローガンの守られているべきユニークでクリエイティヴ、オリジナルな作品が根底にあるから」と主張している。彼の弁護士によれば「約318億円(300万ドル)の訴訟案件である」という。

フローガンの「We Run Things」はアメリカではチャート入りを果たせず、マイリーの「We Can't Stop」は2013年8月に「Billboard Hot 200」で最高2位を記録。「We Run Things」の発売当時、マイリーはまだ4歳であった。メディアのほとんどは、フローガンの訴えに懐疑的な見方をしているようだ。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top