松本潤ら「99.9」チームクランクアップ! 「刺激的な経験」

最終話放送まであと2日と迫ったTBSドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」。TBS日曜劇場では実に6年ぶり2回目となる異例のシーズン化が実現し話題となった本作が、3月15日(木)昨日、主演の「嵐」松本潤をはじめとする斑目法律事務所・刑事事件ルームのメンバーが

最新ニュース
「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」(c)TBS
  • 「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」(c)TBS
  • 「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」(C)TBS
最終話放送まであと2日と迫ったTBSドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」。TBS日曜劇場では実に6年ぶり2回目となる異例のシーズン化が実現し話題となった本作が、3月15日(木)昨日、主演の「嵐」松本潤をはじめとする斑目法律事務所・刑事事件ルームのメンバーが揃ってクランクアップを迎えたことが分かった。

昨年の夏から秋まで撮影され、年明けに撮影を再開する長丁場となった本作。制作発表時には松本さんから、撮影が無かった間のブランクがあるため年明け早々に休日返上で集まり役者陣だけで本読みをしたことも明かされ、まさに出演者・スタッフ全員が一丸となって作り上げられた本作。

今回のクランクアップで松本さんは、「8月の中旬から実質5か月の撮影、本当にお疲れ様でした。SEASON Iのときから変わらないスタッフでやれたことが、今回支えにもなりましたし、新たにもう1シーズン、この皆さんとつくり切ることができ、貴重な体験が出来ました。また、今回から加わって頂いた、木村文乃さん、馬場園梓さんが新しい風を吹かしてくださり、その中で一緒につくれたことがチャレンジングかつ刺激的な経験になりました」とコメント。

また「2回目だからこそ大変な部分があったと思いますが、いまふり返ってみると、それ以上に楽しかったです。そう思えるのは、このチームで撮影が出来たからだと思っています。本当にありがとうございました!」と感謝を述べた。

佐田篤弘役の香川照之は、「皆さん、連日夜遅くまでの撮影、お疲れ様でした。またキャストの皆様も、本当に知恵をふり絞って、体力を振り絞って、毎日毎日を、精一杯やり抜けてきました。そのことをしかとみておりました。本当にお疲れ様でした。木村ひさし監督のいままでの経験が花開き、SEASON IIも同じスタッフでこうしてまとめ上げられたことに感謝致しますし、厳しい撮影を全て笑顔で乗り切ったスタッフは99.9の誇りです」と労いの言葉をかけ、「また近い将来このメンバーでお会い出来たら、と思います」と続けた。

そして、今シーズンからの参加となった尾崎舞子役の木村文乃は、「嬉しいことも、楽しいことも、悔しいこともたくさんありましたが」と撮影をふり返り、「SEASON IIから仲間入りさせていただいて、最後まで5か月間、皆さんと色々な感情を共有出来たことが宝物です。皆さん本当にお世話になりました」とコメントしている。

3月18日(日)放送の最終回(第9話)は、「Hey! Say! JUMP」中島裕翔や、元横浜DeNAベイスターズの三浦大輔、前シーズンで立花彩乃役を演じた榮倉奈々などが出演し、2時間のスペシャル版で放送。極めて困難な開かずの扉ともいえる「再審請求」に深山(松本さん)たちが挑むことで、弁護士・裁判官・検察官、三者それぞれの立場における信条を描き出す。

「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」は最終話は3月18日(日)21時~TBSにて2時間スペシャル放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top