三浦春馬、ロン毛イケメンに! 広瀬すずの初恋相手役 『SUNNY』

人気俳優・三浦春馬が、主人公を篠原涼子、主人公の高校時代を広瀬すずが演じることで話題の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演していることが明らかになった。

映画
『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
  • 篠原涼子&広瀬すず&真木よう子&小池栄子&ともさかりえ&渡辺直美/『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C)2018「SUNNY」製作委員会
  • 『SUNNY 強い気持ち・強い愛』キャスト
人気俳優・三浦春馬が、主人公を篠原涼子、主人公の高校時代を広瀬すずが演じることで話題の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に出演決定。90年代ロン毛イケメンに扮することが明らかになった。

>>あらすじ&キャストはこちらから

本作は、夢と刺激で溢れていた高校時代と、かつての輝きを失った現在の2つの時代が交差して紡がれる、笑いと涙がつまった最高の青春音楽ムービー。

■三浦春馬、ロン毛に! 「嫌味がない感じをどこまで自然に出せるか」


主演ドラマ「オトナ高校」が話題となり、先日、伊坂幸太郎原作の映画『アイネクライネナハトムジーク』で主演することも発表された三浦さんが演じるのは、高校時代の奈美(広瀬さん)の初恋の相手で、90年代を謳歌するロン毛のイケメン大学生・藤井渉。90年代を代表するファッション・佇まい全てでギャルたちを魅了する。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
「当時の流行りであったロン毛を何度もかき上げ(笑)、嫌味がない感じをどこまで自然に出せるかが難しいところでありました(笑)」と撮影をふり返る三浦さん。また、「監督の演出は細やかで、特に女子高生時代を演じていた女優陣とは何度もリハーサルを重ねてはアイデアを出していた印象があり、とても愛情を感じました。それが現代を生きる主人公を支える色濃い記憶になり、同じ時系列では無いからこそ、現代パートを演じる力を持った諸先輩方とのコラボレーションと化学反応が一番の楽しみなところです!」と完成が待ち遠しいと語っている。

■ベテラン&注目の若手が脇を固める!


そして大根仁監督が「リリーさんと新井君は、何故だか私の映画には必ず出演するという身に覚えの無い契約を結んでいるので、今回も出演してもらいました(笑)」と話すように、大根組常連のリリー・フランキーが奈美(篠原さん)の依頼でサニーメンバーを探す探偵・中川役。同じく常連の新井浩文が、梅(渡辺直美)が勤める不動産の陰険な上司・新井役で出演。また、高校時代の梅(富田望生)の兄を、「賭ケグルイ」『ちはやふる』などに出演するいま旬の個性派俳優・矢本悠馬が演じる。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(C) 2018「SUNNY」製作委員会
リリーさんは「大根監督の映画は最初から出させていただいてますけど、いままでと雰囲気が違って新鮮」と話すも、「監督っぽい切り口でコギャル文化や90年代の音楽がふんだんに入っているのも楽しい。90年代も現代も、それぞれきちんと個性豊かに描かれているので、どの年代、どの地域の人でも、きっと共感できる部分があって、自分たちが生きてきた時代の文化や音楽を愛おしく思えるような映画になっていると思います」とコメント。

新井さんは「大根監督には『今回は役がないよ』と言われていたので、オファーが来たときは驚きました。監督、1シーンしか出てないんだから、カットしないでくださいね(笑)」と出演シーンはわずかであることを明かし、矢本さんは「大根監督とは初めましてでしたが、監督の作品はノリが好きでよく観ています。役者をやらせていただいているからには一度はお仕事をしたいと思っていたので正直嬉しかったです。撮影中には意地悪なプレッシャーをかけられました(笑)」と監督とのエピソードを披露。また「個人的に広瀬すずは友だちで大好きな女優なので出来上がりが楽しみで仕方ありません」と『ちはやふる』シリーズで共演した広瀬さんについても語っている。

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日(金)より全国東宝系にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top