松坂桃李「目線が一種のプレイ」 『娼年』上映後の女性客の目線に照れの極致

松坂桃李が2016年に上演した舞台版に続き、同役を続投した映画『娼年』の公開記念舞台挨拶が4月7日(土)TOHOシネマズ日比谷にて行われ、松坂さん、三浦大輔監督らが登壇した。

最新ニュース
松坂桃李/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 松坂桃李/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 真飛聖/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 松坂桃李/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 桜井ユキ/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 松坂桃李/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 三浦大輔監督/『娼年』公開記念舞台挨拶
  • 冨手麻妙/『娼年』公開記念舞台挨拶
松坂桃李が2016年に上演した舞台版に続き、同役を続投した映画『娼年』の公開記念舞台挨拶が4月7日(土)TOHOシネマズ日比谷にて行われ、松坂さん、三浦大輔監督らが登壇した。

■松坂桃李「上映前の舞台挨拶がよかった…」


R18+指定で性描写の多い作品ともあって、松坂さんは「上映前の舞台挨拶がよかったんですが」と苦笑しながら、おずおずと上映後の舞台挨拶に登場。「この(観客の)目線が一種のプレイだと思っています(笑)。まだ続いている感じ、しますね。いたたまれないですね」と松坂さんが照れると、共演の猪塚健太が「スーツを着ていない状態を、完全に想像できますよね?」と客席に飛びかけた。すると、「できますよ、鮮明に」と松坂さんも同意し、その裸を想像したらしい女性観客の悲鳴に似た黄色い声を浴びていた。

松坂桃李/『娼年』公開記念舞台挨拶
石田衣良による同名原作を映画化した『娼年』は、大学生活にも退屈し、バーのアルバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている主人公・森中領(松坂さん)が、会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーである御堂静香(真飛聖)と出会い、「娼夫」として目覚めていく物語。女性ひとりひとりと接していくうちに、彼女たちの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれていく様子を松坂さんが細やかに、大胆に演じた。

■三浦監督、松坂桃李と「共犯関係を結んだ」




舞台版からともに歩んできた松坂さんとのタッグを、三浦監督は「共犯関係を結んだ」と表現し、「いまをときめく松坂桃李くんを、ここまでやらせた諸悪の根源は僕にあります。女優さんたちもここまで体を張ってやってくれて、すべての指示は僕です。やっと今日で完結できる。感慨深いものがありました」と清々しい表情を見せた。松坂さんも「本当ですね。ずっと、舞台が終わっても、映画版があるのが頭の片隅にあったので、どの作品をやっても『娼年』の映画が迫ってくる感じだった」と、その心境を伝えた。

■真飛聖の注目ポイントは「桃李さんのお尻!」



真飛聖/『娼年』公開記念舞台挨拶
そして、共演した女優陣が次々に松坂さんの劇中での佇まいに賛辞を送り出す。真飛さんは公開初日に劇場に観に行ったと言い、「桃李さんの目は、まっすぐじゃないですか。瞳に引き込まれて涙がぽろりと」と感動したかと思いきや、「あと、桃李さんのお尻ですよね! 見どころのひとつです」と思わぬポイントもPR。あわせるように冨手麻妙も「松坂桃李は世界を救うと思う! それくらいいい作品になったと思います!」と太鼓判を押すと、さすがに松坂さんが「ダ~メだよ、そんなこと言ったら(笑)」と優しく諭していた。

公開記念舞台挨拶には、そのほか、桜井ユキ、馬渕英里何が出席した。

『娼年』はTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top