松坂桃李が“娼夫リョウ”になる瞬間…「もはや事件」の『娼年』本編映像入手

映画化困難といわれた石田衣良のベストセラー小説を、主演・松坂桃李×監督・三浦大輔のコンビで実現させた『娼年』。多くの女性の支持を得て、R18+指定作品ながら異例のヒット

映画
『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  
  • 『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
映画化困難といわれた石田衣良のベストセラー小説を、主演・松坂桃李×監督・三浦大輔のコンビで実現させた『娼年』。多くの女性の支持を得て、R18+指定作品ながら異例のヒットとなっていることを受け、“娼夫リョウ”が初めての“仕事”に向かう本編映像を入手した。

>>『娼年』あらすじ&キャストはこちらから

■観た者は「娼年ワールドの虜に」 「もはや事件」の声も


4月6日(金)に公開を迎えた本作。SNSを中心に「爽快感がすごい」「感動して笑って泣いた」「いろいろと語りたい」といった声や「松坂桃李の演技力がすごくて圧倒される」「娼年ワールドの虜に」と絶賛のコメントが続々。「これは絶対に映画館で見てほしい」「エロ過ぎるとか言う前に、まずは観て!」など鑑賞を呼びかける投稿も多くみられ、口コミも広がっている。

「満員の映画館で観るのは不思議な体験というか、もはや事件」との声も上がるほど、R18+指定作品としては異例のヒットを記録しており、都内のTOHOシネマズ新宿、TOHOシネマズ日比谷では平日の昼間は主婦や学生、夜にはOLなどがつめかけており、満席が続出中だ。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会  

■娼夫リョウ誕生の瞬間…初出勤シーンを公開!


そんな中、到着したのは、娼夫になることに決めたリョウ(松坂桃李)が、初めての仕事の連絡を受け、準備を整えて女性との待ち合わせ場所へ向かう、まさに“娼夫リョウ”誕生のシーン。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
御堂静香(真飛聖)からの電話で起きたリョウ。「リョウくん、初めての仕事よ」といきなり切り出され、「え?」と事情が呑み込めない彼に構わず、静香は時間や待ち合わせ場所を矢継ぎ早に指示し、「安心して。私もよく知ってる、いいお客様だから」と言う。「でも、どうすれば?」と動揺するばかりのリョウに、静香は「どうもこうもないわ。相手をよく見てあなたの感覚や知性のすべてを働かせて飛び込んでらっしゃい」と、アドバイスする…。

すぐにシャワーを浴び、歯を磨き、髪を整え、新しい下着とスーツを身に着け、ポケットには避妊具もしのばせ、いよいよ初出勤。緊張の面持ちで渋谷の雑踏を進み、待ち合わせ場所で客の女性を待つリョウは、キョロキョロと周りを見回したり、スマートフォンに目をやったりと、落ち着かず、不安を隠せない様子だ。




最初は、そんな戸惑いや不安げな表情を見せたリョウだが、次第に女性の欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、“娼夫”という仕事にやりがいを感じるようになっていく。リョウが女性たちの欲望を解放していく過程で、彼女たちの心の奥底に潜む想いを受けとめ、娼夫としても人としても成長していく姿は人間ドラマとしても魅力的。

『娼年』(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会 
松坂さんが「何より女性の方にこそ観ていただきたい作品」と語り、静香の娘・咲良役の冨手麻妙は「女性は、登場人物の誰かに共感したり、自分の人生を振り返ったりして、余韻に浸れると思います」、舞台版に続き娼夫アズマを演じた猪塚健太は「女性に寄り添った、女性の味方の作品。“私たちの映画だ”と思って観ていただきたいです」とそれぞれアピールする本作。

やがてはクラブのナンバーワンを競うほどになるリョウの第一歩を、まずは本映像で確かめてほしい。

『娼年』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top